スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-CHASE- 未解決事件捜査課 〜遠い記憶〜


古き良きAVGの香りに誘われて

 ニンテンドーDSにて「アナザーコード」「ウィッシュルーム」「ラストウィンドウ」らを発売したCINGのスタッフが、アークシステムワークスからダウンロード専用ソフトとして新たに開発された、古き良きAVGの香り漂う一作。
 今作が発売になるとのネット記事で知って以来、上記作品の主人公キャラに似たビジュアル、昨今のカラフルさを感じさせるAVGたちとは一線を画するハードボイルドな雰囲気にとてつもなく惹かれるモノを感じ、2~3時間で終わるボリュームであること(事前に記事にて言及あるのを確認)をちょっと残念に思いながらもダウンロードしてプレイをしてみました。


「間」の重要さを感じる

 主人公は未解決事件捜査課に属する刑事であるが、一日中タバコを咥えながらトランプを切るような勤務ぶりで先日配属されたばかりの自称エリートなパートナーを呆れさせる日々であったが、そこに一本の電話が鳴った。5年前に起こった一人の死者を出した爆破事故が実は殺人事件であったというもので、二人は再捜査することになったのだが……


 というあらすじになってまして、取り調べ室における関係者への事情聴取をしていくのがゲームのメインとなっております、探偵パートらしき部分も若干ありますが。
 全編通じてシリアスな展開になっており、一癖も二癖もあるキャラたちとのセリフの数々などがハードボイルドっぽさになりますか。金崎泰輔さんの描くキャラグラフィックも雰囲気ありましたしね。幸薄そうな女性は「おおっ」とか思わされましたし、雰囲気づくりに腐心している感は強かったです。
 事件自体も割とありきたりなエピソードかも知れませんが、なかなかうまくまとまっていたのでないかと。筆者は刑事ドラマ・小説はほぼ見ないのでありがちかどうか判断つかないところもありますけど。
 BGMもムード系・緊迫系でまとめられていて雰囲気ありましたか。
 一度読んだら次の選択肢まで瞬間スキップ出来ますし、(難易度は極めて低いのでわざと間違え続けない限りそうなりませんが)ゲームオーバーからもすぐにリトライ出来るなども良かったです。ゲームオーバー時には主人公の専用グラもあるのでわざと見てみるのも一興かと。

 ただ全体的に性急過ぎるといいますか、間が感じられないと言うか、遊びが足りずもうワンテンポ遅らせてもいいのになあ、と思うことしばしばでした。だからといってテンポの悪いシナリオをプレイしたいわけではないのですが、次から次へと進行してただボタンを押すだけで「アレっ」と感じた部分は正直ありましたね。
 5年前の警察の捜査のずさんさも気になりましたかね。まあ完璧な捜査をしていたならゲームにならないですけど、人間関係を全く把握してなかったのはどうなのかと。
 ボリュームとしては「ラストウィンドウ」の1章分というところでした、正直もうちょっと遊びたかったですね。
 元CING作品からライター変更となりまして今作もそう悪くはなかったですが、やはり前のライターさんの域にはまだまだこれから、ってところでしたか。

次作に向けて

 ということで、結構な期待感があってのプレイでしたが、個人的にはまずまず、800円でのダウンロードプレイとしては悪くなかったかな、というところでした。ラストに新たな謎を匂わせてそのままってことはないのでしょうし今後のシリーズ化を期待してますし、ライターさんのレベルアップも望んで発売の暁には付き合っていく所存です。
 また、いつかはネット配信分3話と新作2話のパックにてフルプライス版販売、とかしてもらえると嬉しいですね。
筆者の評価は今作だけだとランクC+です。

ブログ再開のお知らせ

 お久しぶりです。
 管理人の飛龍です。
 長らくブログの更新をせず、大変申し訳ございません。
 使用していたノートパソコンが物理的に壊れてしまい、不甲斐ない話ですがアドレスやパスワードを失念しておりまして、ノートパソコン自体は新たに購入してはいたのですがこの度ようやく復旧となりました。

 もう随分とゲームレビューを書いておりませんでしたが、その間に何本かはゲームをプレイしておりましたので、ぼちぼち更新しますと共に、今までのレビューを活用したオススメ企画なども今後はUPしていこうかと思っております。

 よろしければ今後共お付き合い頂けますと幸いに存じます。

うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~

うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
  • 発売元: アルケミスト
  • メーカー: アルケミスト
  • 価格: ¥ 6,641 (21% OFF)
  • 発売日: 2010/12/16

人か魔女か幻想か――
     抗うも、屈するも貴方次第。”

 PC同人ソフトの有名タイトルをPS3に移植した、一切の選択肢のないノベル。
 それが2010年12月16日にアルケミストから発売された「うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~」でありました。

「ひぐらしのなく頃に」で大ブレイクした竜騎士07さんの手による新たなシリーズということで、大きな話題になっていたことはもちろん知っていまして、でもホラーは個人的には苦手で「ひぐらし」は体験版で断念した身ですが。
 今作の「孤島での連続殺人に挑む」という設定ならまあグロくても許容出来るかと思い、PS3版としてエピソードの1から4をまとめて移植したコイツをやってみることにしたのでした。

 1986年10月4日、伊豆諸島の一つ、六軒島。
 その地を所有する右代宮家の親族たちが年に一度集う親族会議が行われる。
 そこに6年ぶりに訪れた右代宮戦人(うしろみやばとら)は、その地で親族達が次々と殺されていく事件に巻き込まれていくことになるのであった……

続きを読む »

テーマ : うみねこのなく頃に - ジャンル : ゲーム

タグ : うみねこのなく頃に

開設44ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来44ヶ月が経過しました、ありがとうございます!

 ただ……最近は言い訳がましいことばかり書いてますが、更に更にプライベートに余裕がなくなってしまい、レビューをまともに書くことすら出来ておらず申し訳ないの一言です。
 何とかしたいとは思っているのですが、来年もこの調子が続いてしまうかも……
 
 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。
 また、みんぽすさんにも投稿したレビューには記事の最後に「このレビューを評価する」という小さい枠が表示されるようになっていますので、当ブログのレビューがもし少しでも参考になったなら「評価する」ボタンをポチッと押して下さるととても嬉しく思います。ちなみに最近では「トリックロジック シーズン1」「タイムホロウ」にて表示されています。

 ってことで、これから45ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

FORTUNE ARTERIAL

FORTUNE ARTERIAL 初回限定版FORTUNE ARTERIAL 初回限定版
(2008/01/25)
Windows Vista

商品詳細を見る

修治館学院へようこそ!

 オーガストの6作目となる恋愛AVG。
 それが2008年1月25日にWIN版が発売された「FORTUNE ARTERIAL」(フォーチュン アテリアル)でありました。

 美少女ゲームの人気メーカーとなったオーガストの新作として大きな注目を集め、セールスでも10万本超えを記録するという大ヒットを飛ばした作品でありまして。
 個人的にもそれまでのタイトルの多くをプレイしてきてべっかんこうさんの絵柄にはやはり魅力を感じてきましたので、今作もプレイしてみることにしたのでした。

 両親の仕事の都合でずっと転校を繰り返してきた主人公、支倉孝平。
 両親が海外で仕事をすることになったのを機会に全寮制の修治館学院のある珠津島に行くこととなる。
 幼い頃に一年だけ暮らしたことのあるこの島で、彼は人ならざるモノと出会うことになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : FORTUNE ARTERIAL べっかんこう

アナザーコード:R 記憶の扉

アナザーコード:R 記憶の扉アナザーコード:R 記憶の扉
(2009/02/05)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

突然蘇る思い出、謎めく亡き母の記憶。
   13年前、母が遺した真実とは――

 DS初期に発売されたタイトルの続編となるAVG。
 それが開発をCINGが担当し任天堂から2009年2月5日にWii版が発売された「アナザーコード:R 記憶の扉」でありました。

 DSのタッチペン機能を生かした謎解きものだった前作に続き、Wiiのリモコン機能を多々駆使して謎を解かせる新作として発売になったのがこのタイトルですが。
 筆者はDS版をプレイしていまして、その出来には不満がないわけでもないですが登場キャラに関してはなかなかに魅力を感じていたことも確かでしたので、Wii本体を購入したばかりのこのタイミングでプレイしてみることにしたのでした。

 ブラッド・エドワード島での冒険を経て父と再会した少女、アシュレイ。
 それから3年が過ぎ、科学者である父はまた研究のためアシュレイの元を離れ、そしてまた彼女を呼び出す。
 ジュリエット・レイクという湖畔の町に向かうアシュレイに、13年前に亡くした母の記憶が甦るのであった……

続きを読む »

テーマ : Wii - ジャンル : ゲーム

タグ : アナザーコード:R 記憶の扉

開設43ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来43ヶ月が経過しました、ありがとうございます!

 ただ誠に申し訳なく思っていますが、現状のレビューUPのペースが遅れに遅れまくってます……先月よりは余裕が出来てきてはいるのですが、それでもゲームのプレイに多少つぎ込むまでが精一杯でして。

 当然ながら今月もアクセスも減少していますが、それでもある程度は訪問してくださっていることにただただ感謝です。
 現状の月2本ペースよりは何とか、ペースをあげていくつもりです。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。
 また、みんぽすさんにも投稿したレビューには記事の最後に「このレビューを評価する」という小さい枠が表示されるようになっていますので、当ブログのレビューがもし少しでも参考になったなら「評価する」ボタンをポチッと押して下さるととても嬉しく思います。ちなみに最近では「トリックロジック シーズン1」「タイムホロウ」にて表示されています。

 あと今月の特別な報告ですが、Wii本体を購入しました!
 いやあ、正直このタイミングで購入する予定なんて全くなく、「欲しいことは欲しいけどまあ、青系の本体がもし発売になったら検討しようかなあ」ぐらいにしか思っていなかったのですが。

 箱・説なしで多少キズありながらも販売価格が希望小売価格の1/3以下な中古を見つけ、「これならゲームさえ遊べればいいか」とグラッと来てしまい気がついたらレジに購入の意思を告げてしまっていたのでした。

 で、家に戻って早速取り付け、説明書なしといっても任天堂HPにいけば見ることが出来ましたのでそれを見つつ、リモコンを本体に認識させるのに少してまどりましたが後はラクラクにセッティングし、ネット接続&バージョンアップまで済ませました。

 ただやっぱりWiiリモコンはポインタが動き過ぎて使いづらく感じる部分もありますね……まあ慣れの問題だとは思いますが、PS3ではコントローラでスッと馴染んでくれたのでちょっと気になったというか。

 ソフトはとりあえず「スーパーマリオコレクションSP」を購入し、クラシックコントローラも事前に入手してあったスーファミタイプのでプレイしてみました。
 でももう10年以上ぶりなのですっかり錆びついておりました……1-1をクリアするのがやっととは我ながら情けない。
 まあでもこっちはそこそこにプレイを切り上げて、「アナザーコードR」「テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士」「ファイアーエムブレム暁の女神」「ゼノブレイド」「スパロボNEO」ってあたりの購入を検討しつつ、バーチャルコンソールで「はじまりの森」「ゼルダの伝説」シリーズ、「フェリオス」「スーパーファミコンウォーズ」あたりのダウンロードもしたいかな。

 ……やばい、積みゲーの山が150本を越えてしまいそうだ……

 ってことで、これから44ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。