FC2ブログ

秋桜の空に


Marron 2001/07/27
売り上げランキング:1527

Amazonで詳しく見る
 Ads by Amac

癒してあげたい、あなたの心……

 マロンのデビュー作にして学園を舞台にした恋愛AVG。
 それが2001年7月27日発売の「秋桜の空に」でありました。

 発売当時はマイナーな扱いでして、今も知名度が凄く高いという感じではないのですが、姉キャラに大きくスポットを当てていることやツンデレキャラのツンデレっぷりなど、今の時代に至るさきがけとなっている要素もあったりするタイトルでして。

 学園内でハチャメチャな言動、行動をすることで名の知れた主人公、靖臣。
 ずっと側にいる姉のような幼馴染みや個性豊かな仲間達と共に愉快な学園生活を送っていた。
 だが彼にはとある秘密があり、その平穏が破られる日が迫っていたのであった……
 というのがあらすじなのですが。
 よく比較されるのが「ONE~輝く季節へ」ということで、物語の構成などではかなり影響された作品となっていたようです、筆者は秋桜~の方を先にプレイしたもので判らなかったですけれども。

 いや、これにはしてやられました。
 テキストがとんでもなく笑えて笑えてもう……途中、腹を抱えてモニターの前で悶絶してました。
 コメディとしての出来は、歴代のゲームの中でも相当なもので、このシナリオライターの竹井10日さんのギャグセンスは凄いものがあるなあ、と感じましたね。
 靖臣のハイテンションぶりと言ったらもう、蛭田昌人作品の主人公でもここまではっちゃけてはいなかったはずと思うぐらいでして。
 テキストだけでも十分、元が取れるぐらい爆笑させてもらいました。

 ヒロイン達もよくもまあここまで個性的に……主人公を甘やかしまくりな姉的存在を筆頭に、語尾に2回同じことを続けてはツッコミを入れられるロリ同級生やら、トビゲリ食らわしてくる水泳選手やらもう、突き抜けてましたね。
 このキャラ達が靖臣の爆裂トークに巻き込まれるのですからもう、笑えないわけがなく。
 特にすずねえのキャラクター性は前述の通り、これ以降の作品にも影響を与えるぐらいのインパクトがありました。一指し指立てて「だぞっっっっっ!」というのが特に可愛く。
 語尾に独特の口癖を持ってくるキャラがちと多すぎかなあ、という印象も受けましたが、竹井さんの巧みなキャラ立てにより個性の強さに昇華させてくれていたので、プレイ終了後には気にならなくなっていました。
 
 そのようにして序盤から中盤の怒涛の学園コメディ部分の面白おかしさの極上っぷりを味わった後に物語は急転、シリアスモードに入っていくのですが。
 あまりに急に変わり過ぎでうまく噛み合っておらず、盛り上がりに欠けてしまったように感じました……残念無念。原因に関して語られるすずねえルート以外だと特にそう感じさせられますね。
 前半のコメディ全開のノリでそのまま押し切ってくれた方がずっと良かったのですけども……やはり「ONE」の影響を受けすぎなのでしょうか。
 ヒロインの1人、カナ坊のシナリオはその中では割と気に入っているのですけどね。

 操作性には多大な問題がありまして……デビュー作ということもあったのでしょうが使いづらいことこの上なく。
 そもそも修正パッチをあてないとどうにもならない時点でいけないわけですが、あてても劇的に良くなるってほどでもなく……しかも現在の主流OSでは動かないようです、有志による特殊パッチで何とか動作はするようですが。

 キャラデザと原画は岩館こう、という方が担当なさってましたが、絵柄としては可愛い感じでなかなかだったのですが(パッケージ画はかなり好きですし)、イベントグラフィックは身体のバランスなどの表現の部分が正直まだまだかなあ、と感じてしまいました。

 ということで。
 難点も残念ながら見受けられましたが、それでもコメディものがお好きなら是非どうぞ、と強く薦めたい作品ですね……あと、姉キャラに甘やかしてもらいたい方にもぜひ。
 筆者の評価はランクB+です、シナリオライターの竹井10日さんに大きく注目することになった思い出深い一作でした。

2007/8/16付記:原画を担当された岩館こうさんが急逝された、とmarron公式サイトにて公表されました。
 謹んでご冥福をお祈りします……残念でなりません。

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 秋桜の空に 蛭田昌人 竹井10日

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する