スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアーエムブレム 紋章の謎

ファイアーエムブレム 紋章の謎ファイアーエムブレム 紋章の謎
(1994/01/21)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

 シミュレーションRPGというジャンルを確立した、偉大なる金字塔。
 それが開発・インテリジェントシステムズ、発売・任天堂でファミコンで1990年4月20日に発売された「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」であり。
 そのタイトルをスーパーファミコンに移植しその後の更なる戦いを描いて2部構成としたものが1994年1月21日発売の「ファイアーエムブレム 紋章の謎」でありました。

 この作品に出会って、筆者はS・RPGというジャンルを知り。
 このジャンルの魅力にとりつかれ、現在に至るまで数多くの作品をプレイするという歴史を積み重ねることとなったのでした。

 地竜王メディウスを勇者アンリが討ち果たしてから100年後。
 アカネイア大陸にメディウスが復活してしまいアリティアも滅亡の憂き目にあうこととなる。
 亡国の王子マルスはメディウス打倒、そして囚われた姉を救うべく、辺境の地から立ち上がるのだった……
 というのが第1部のプレストーリーで。
 第2部では平和となったはずのアカネイア大陸に新たな戦乱に巻き込まれるマルス達の戦いを描いております。

 正直言ってよくある貴種流離譚テーマのシンプルな物語構成であろうと思うのですが。
 普通のRPGにSLGライクな戦闘パートを持ってくることがこんなに楽しいとは全く想像も出来ず、夢中でプレイしました。
 序盤は新兵中心の貧弱な軍隊構成であったのが連戦により鍛えられ、また仲間となる有能な戦士、魔法使いらにより戦力も増強し、ついには強力な敵軍を打ち破っていく様を自らの采配で行っていく……
 このことがこうも楽しいとは、事前には予測出来ませんでしたね。
 もちろんそれまでのゲームでも戦闘SLGのジャンルで似たようなものもあったのでしょうが、コマとなるキャラクターの育成にこうもスポットを当てたものを知らなかったので、新鮮さは相当なものがありました。
 また死んだキャラは蘇らない、というのも当然の設定ではあるのですがゲームらしからぬシビアさも印象に残ったものでした。
 育成を続けていくとユニットにクラスチェンジさせることが出来るようになるのも、育成の目的として大きかったですね。
 お気に入りのキャラを超強力ユニットに育てていく楽しみはとてつもない快感を伴ったものでした。
 合体攻撃の先駆けもこのタイトルでした、「トライアングルアタック!」のためにペガサスナイトをマップに出したりも。

 まあ優れた剣士の二人とマムクートさえ育てればあらかた倒してしまうことが可能なゲームバランスではありましたが、それでも注意を払わないとやられてしまうとあって、他のキャラも育てていくながらマップクリアしていくのが実に心地よかったですね。
 
 敵のキャラにも物語があり、特にカミュと戦わねばならないマップには感情移入したものでした……その辺も新鮮でしたね。
 一部「ファイアーエムブレム外伝」とリンクしているキャラもいるのですが、知らないとしても何の問題もなくプレイ出来るようになってもいました。

 ただスーファミ版は第1部はファミコン版と内容に変わりがほとんどなく、でも第2部のパーフェクトエンディングを見るためにはプレイしなくてはいけないという作りで。
 ファミコン版をトレースしていく感覚でどうにもモチベーションは上がりませんでした。

 ですが新作の2部になると物語の意外性に驚かされ、マップも新しくなって攻略の楽しみも増し、俄然モチベーションが上がり一気にクリアしましたね。
 勢いに乗ればやはり基本的にシビアながらも面白さは変わらずありました。

 ということで。
 SLG的要素が強いのでプレイする人を選ぶ側面があることは間違いないのですが、抵抗を感じなかったりそれなりに出来る方なら今現在でも楽しめるのではないでしょうか。
 Wiiのバーチャコンソールにてダウンロードも出来るようですしね。
 筆者の評価はランクA-です、シミュレーションRPGとは面白いものなのだということを知らしめてくれたという点だけでAランクに値する作品でありました、ゲーム史に残るタイトルですね。

テーマ : ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイアーエムブレム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。