スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス
極限脱出ADV 善人シボウデス
  • 発売元: チュンソフト
  • レーベル: チュンソフト
  • スタジオ: チュンソフト
  • メーカー: チュンソフト
  • 価格: ¥ 6,000 (4% OFF)
  • 発売日: 2012/02/16
  • 売上ランキング: 2524

打越鋼太郎シナリオの極限脱出シリーズ第2作

 チュンソフトのサウンドノベルに脱出ゲームの要素を組み合わせたAVG。
 それが2012年2月16日にニンテンドー3DSとPSVitaの2機種で発売された「極限脱出ADV 善人シボウデス」でありました。
 前作はDSオンリーだったのですが、SCE携帯ハードでもvitaでは画面タッチ可能な仕様になったこともあり両機種発売になったようですね。
 前作に引き続き今作でも閉鎖空間に閉じ込められたプレイヤーたちが脱出を果たすべく行動していくことになります。
 シナリオはもちろん打越鋼太郎さん、キャラクターデザインも西村キヌさん続投で、キャラにも前作キャラが一部登場となっております。

システム・UIは改善、脱出パートには難易度設定も

 前作はシナリオには意外性があって楽しめたものの、インターフェイス周りが色々と気が利いてなく苛々させられる部分もあったのですが、こちらはまずまずの改良が施されており遊びにくいということはなかったです、メッセージスキップ周りがもうひとつでしたが。
 今作から声優陣によるボイスも搭載されていますが、実力派が揃っているだけあって演技は見事です。ファイ役の方だけはうまいって感じではないですが、あの演技はキャラにピッタリでしたね。
 そして何と言ってもゲームシステムでシナリオが一体化しているゲームデザインがグッジョブ! 「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を思わせる、それぞれのルートのツリーにジャンプしていくのが物語中盤以降本当に楽しく、次のシナリオが読みたくて読みたくてプレイ当時は本当にやめられない止まらない状態でした。
 遥か未来の物語なのになぜか同じ姿で登場する前作キャラ、などの謎も明かされたりして物語の真相に迫ってい展開はさすが「Ever17」を作り上げた打越鋼太郎シナリオのことだけはありました。うむ、満足でした。

続編ありきの結末はやや疑問が残る

 と、満足したと言っておいてアレですが、真相に至っての結末が実は完結編へと続く、というものなのが何とも……2016年7月現在ならすぐに次回作がプレイ出来ますが、それまで待たされた身にとってはなかなかに切ないものがありました。
 脱出パートもどうにも判定というかうまくそのアイテムを指定出来ずイライラする部分もあって、そこももうちょっと練ってほしかったですね。
 筆者の評価はランクBです、まあここまで来たら完結まで見届けねばなりませんね。
極限脱出ADV 善人シボウデス サウンドトラック
極限脱出ADV 善人シボウデス サウンドトラック
  • アーチスト: ゲーム・ミュージック
  • 発売元: Sweep Record
  • レーベル: Sweep Record
  • スタジオ: Sweep Record
  • メーカー: Sweep Record
  • 価格: ¥ 2,700
  • 発売日: 2012/04/19
  • 発売日: 2012/04/18
  • 売上ランキング: 201591

タグ : 打越鋼太郎 Ever17 極限脱出

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。