スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドサッカーウイニングイレブン2008

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
  • 発売元: コナミデジタルエンタテインメント
  • レーベル: コナミデジタルエンタテインメント
  • スタジオ: コナミデジタルエンタテインメント
  • メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 価格: ¥ 935 (89% OFF)
  • 発売日: 2007/11/22
  • 売上ランキング: 3467

ウイイレもPS3へ

 PS3が発売されてから初めてのウイニングイレブン。
 クリスティアーノ・ロナウドがパッケージを飾り、PS2時代よりは勢いが陰ったもののまだまだサッカーゲームの代名詞であったこのシリーズの、ある意味頂点だったかもしれない作品ですね。
 各機種へのマルチ展開もなされていましたが、メイン展開されていたのはこのPS3版だったようです。

プレイ感覚はPS2時代と変わらず

 実は筆者はこの毎年発売されるシリーズを実際にプレイするのはかなり後からになってしまっていて、今作もプレイしたのが2014年とかなり後で、既に時代はPS4を迎えている状態でグラフィックの進化具合などはあまり感じないこととなりました。さすがにPS2よりは綺麗になってましたし、HDMI接続でくっきり画像ではあったので進化があったことは分かりましたが、実際にプレイすると操作に集中することもあって、グラにはあまり意識はいかなかったですね。

 その実際に触った感覚ですが、PS2と大きくは変わっていないプレイ感覚で安心出来ましたか。悪く言えばハードが変わってないのに進歩が感じられない、となるかもですが、個人的には”いつものウイイレ”で十分なので問題ありませんでした。
 まあマラドーナ(もどき)選手やアドリアーノを使ったゴリ押しプレイで満足しているような人間ですので、極めてテクニカルな部分に変更を加えられても判らない、って部分もありますけどね。

 ネットワーク対戦もここから標準的になったようですが、これはやったことがないので何とも。やれば面白いのでしょうが、環境を整えるための出費がネックでした。

ウイイレは続いていく

 ということで、プレイしだすとズルズル続けてしまう、ゲームとしての楽しさは健在で一安心。ウイイレはじめちゃうと他のゲームが進まないぐらい、今作も楽しませてくれました。
 筆者の評価はランクBです。

タグ : ウイイレ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。