FC2ブログ

DOUBLE ~ダブル~

DOUBLEDOUBLE
(2001/05/25)
不明

商品詳細を見る

「鬼門妖異譚」の流れを受け継いだ、シミュレーションRPGの第2弾。
 それがちぇりーそふとから2001年5月25日にWIN版が発売された「DOUBLE ~ダブル~」でありました。

 アダルトソフトではあまりみないシミュレーションRPG、しかも学園ものということで、PSの「東京魔人学園」シリーズから影響を受けまくってそれを18禁化してみました的な印象を受け、正直どうかな、と思わないでもなかったのですが。
 原画のあきらさんのとても魅力的な絵柄の前にするとやはりプレイ意欲をそそられ、「鬼門妖異譚」ともどもプレイすることにしたのでした。

 近未来、千葉が首都となった日本。
 天使や悪魔のような翼を持つジュエラーという能力者が多く存在している世界で主人公の学生、純は平凡な日々を送っていた。
 だがある日、犯罪現場で見かけた翼を持つ少女との出会いから、彼の運命は大きく動き出すことになる……
 というのが大まかなあらすじになりまして。 
 とあるキャラの存在以外は世界観に共通点はないものの、まあ前作的存在である「鬼門妖異譚」からどれだけ進歩したのか、なかなかに興味がありましてプレイしてみたわけですが……結論らしきものを最初に言ってしまえば「まあ、進歩はしてたかな」って感じでしょうか。

 基本的な戦闘システムはそう変化していませんでした。
 まあ、難易度を極端に上げられても困りますが、ヌルめな戦闘が続くのに飽きが来る向きもあるかも知れません。
 装備する武器を使いこむことによって覚えることの出来る技がいろいろあったりして、やりこむ要素はそれなりに出来たのですが正直、普通に攻撃するだけでクリア出来ますからね。
 クリアすれば戦闘スキップできる機能は健在なのでリプレイはラクなのはあい変わらずで良かったですけども。
 
 物語は、うん、「鬼門~」レベルにはあったんでまずまずでした。
「天使」がこの作品においては人間に徒なす存在で、でもそれには裏があって……という、シミュレーションRPGのジャンルではたまにある設定を使っていまして正直、深みとかインパクトとかを求めると外されてしまいますが。
 筆者はそのあたりは特に気にならずにプレイしたもので、そう問題なく楽しめたかなあ、といった感じでしたね。
 シナリオ内での重要選択によっては主人公がゲーム開始時点での敵側に属することになる展開、というのも「鬼門~」と同様にありましたが、その過程は今作では納得のいく展開であったことは一安心でした。前作は主人公が鬼側にいくルートの動機がどうにもしっくり来なかったのですが、今作ではすんなりと腑に落ちてくれましたね。
 ただキャラ間のやりとり・敵側キャラの魅力、って辺りは「鬼門~」ほどではなかった感はありました。まあ同じ雰囲気のが2度目、ともなりますと仕方のない部分もありましょうか。

 購入動機の大きな要素でもあったあきらさんの原画・グラフィックは文句なし、満足いく内容でした。
 このメーカーの特徴でもあった可愛い絵柄な見かけによらない、当時としてはかなりハードなベッドシーンも数も充分で質も悪くなくでしたが、シミュレーションRPGというジャンルなので長いプレイ時間が掛かってしまいますのでたどり着くまでが長い、という面はあったでしょうか。
 まあ前述の通り、一度クリアすれば戦闘部分をキャンセル出来る仕様なのでそれを活用すれば問題はなくなるのですけども、ファーストプレイではそのような印象はありました。
 
 ということで。
 普通のアドベンチャーとは違って戦闘がある作品ですので、作品のクオリティを上げていくのは手間という点ではなかなかに大変だと思いますが、「鬼門~」からみて飛躍的、とはいかないまでも確実に進化を果たしていたように思えました。いずれこのジャンルでまた作品を出すならば期待出来るかな、と思っていたのですが……ブランド解散となってしまって残念無念。
 筆者の評価はランクC+です、後に「鬼門妖異譚」とのセット販売もされました。

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : DOUBLE

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する