FC2ブログ

Sultan ~The Lovesong is Forever~

SultanSultan
(2002/07/26)
Windows

商品詳細を見る

 lightから発売になった、「ほのぼの宮廷恋愛アドベンチャー」と銘打ったテキストAVG。
 それが2002年7月26日にWIN版が発売された「Sultan ~The Lovesong is Forever~」でありました。
 
 購入を決意したのはほぼ、絵の魅力に惹かれて、でした……原画のくすくす氏の描くキャラの可愛さがもう。
 雑誌記事なども読んではいたのですが、実際にパッケージを見て手に取ったときに強烈に購買意欲を刺激されてしまったものでした。

 遠い昔、彼方の国の物語――
 両親を亡くし弟と二人で幼馴染みの少女の家で暮らす主人公レクスの元に王宮から宰相が訪れ、自分と弟が一国の王子であることを告げられる。
 戸惑いながらも弟と共に王宮に行くしかなくなったのだが、政略結婚により花嫁まであてがわれ忙しい日々がはじまることになったのであった……
 というのがプロローグとなりまして、レクスと弟ロッタ、そしてヒロイン達とでドタバタするさまを描いていきます……前半では。
Sultan」という名前からイスラムっぽいイメージも受けるかと思いますが、作品中ではそんな感じはあまりなかったですね。もちろん和風ではないですけども、西洋風なのを多少アレンジしてみました、的な感覚でしたか。

 システム・操作性に関してはごくごくオーソドックスなテキストAVGタイプのものでした。
 若干、メッセージスキップにクセと言いますかスキップしてくれない場面もあったりしましたが概ね、問題なくプレイ出来ましたね。
 
 そして肝心のシナリオでありますが。
 最初は前述の通りほのぼの系なノリで進んでいくのですが、後半はだんだんシリアスな展開を見せていき、そして結末では……という構成でした。当時としても割とよくあるタイプの作品と言えましょうか。
 メイン格のヒロインは4人おり、ゲーム中に現れる選択を重ねることによりそれぞれのルートに突入することになりますが、サブキャラにも実はエンディングが用意されてたりも。

 それで各ヒロインを攻略していくのですが、ヒロインの3人をクリアした時点では正直申しまして全体的に小粒でシナリオの練りも今一つ甘く、「駄作と言うほどではないが絵の魅力に見合うほどでもない」ぐらいの評価に落ち着くかと想定していました。
 ヒロインの中でも特にメイン格の二人、レクスと恋人同士であった幼馴染みのセラクルカと政略結婚することになった相手、シーリーンの両シナリオは良いところはあるけれどもオチが今ひとつだったり、オチは悪くないけどそこまでの過程にしっくりくるものなかったりしましたし。
 もう一人のヒロイン、ピアナのシナリオは正直、主人公が主人公らしくない部分があって首を捻る内容でしたしね。 

 ですが最後にプレイしたフェレースというキャラのシナリオで、その印象はひっくり返されました。
 この時だけ他のシナリオと違う行動に出るキャラがいて、まあ説明書に示唆するようなことは書いてましたがすっかり忘れていたもので、思わずのけぞらされてしまうほどで。
 してやられたなあ、というところでした、なかなかに印象に残るエピソードでしたね。特にラストは……

 あとはサブキャラのEND、これがまた……弟とのエンディングって、現在ならともかくこの頃でよく付けたなあ、と。
 他にもサブキャラ3人まとめてのハーレムENDもありで、サブの方では随分はっちゃけた展開を見せていました。

 グラフィック面の満足度は高かったです、この頃のくすくすさんの絵の魅力といったらもう、べりーぐっど。
 ほんわかした絵の割にベッドシーンにも力が入っているのも、当時としては評価に値するように感じてましたしね。

 ということで。
 絵に期待していてシナリオはそう注目してなかったんですが、フェレースシナリオを最後にやった影響が強くなかなか印象に残った作品となりました。ピアナとか、微妙なのもありましたけどもね。
 筆者の評価はランクCです、最終的には佳作レベルに届いたかと感じた一作でした。

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : くすくす Sultan

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する