FC2ブログ

デュアルソウル

最後まで……自分であることを貫いて。

 アイルから贈り出された、ファンタジー世界を舞台にした恋愛AVG。
 それが1995年4月15日にPC98版が発売された「デュアルソウル」でありました。

 それまではPCの一般RPGを制作していたアイルが18禁向けタイトルに転身することになり、その第一弾として今作が作られることになったとのことですが。
 これがセールス的にコケたことで今度はお手軽エロス方面への再転身をはかることになった、との曰くがあったそうです。

 トレジャーハンターを生業としていた主人公ガッシュ。
 とある遺跡を探索していたところトラップにかかり命を落としてしまうのだが、なぜか意識が戻り、その身体はそれまでの自分のものではなくなってしまう。
 そんな事態になりつつも前向きに生きようとするガッシュであったが、更なる策謀が彼と彼の周囲の人々を巻き込むことになるのであった……
 というのが大まかなあらすじになりまして。
 シナリオ及び原画を担当したリバ原あきさんが描くストーリーとそこで動くキャラクターを見ていくことになるわけです。
 筆者はアイルのPC98版「瑠璃色の雪」を先にプレイしておりなかなかに楽しめたもので、同じリバ原さんが手掛けた今作もプレイしてみることにしたのでした。

 システムや操作性に関してはオーソドックスな類でして、テキストAVGをプレイするに十分なものでした。
 アイルの後の作品ではかなり遊びやすくよりユーザーフレンドリーになっていたのですが、今作のレベルでも問題ないもので。
 難易度的にも引っ掛かる部分は……それなりにゲームオーバーになる選択もありましたが、大体は判りやすかったのでストレスに感じるというほどではなかったですね。

 そして肝心のシナリオに関してですが、前半コミカルで後半シリアス、という後年で数多く発売される作品群のはしりともいうべき構成となっており、その後半のシナリオが凄く良いです。
 前半はガッシュが死後蘇ったとは到底思えぬほどおちゃらけた言動でドタバタするサマをコメディというかギャグタッチで描いているのですが、これが筆者の感覚としては外しまくっており「う~ん、どうだろう……」と思わされる内容で。
 こりゃ失敗したかなあ、と思っていたところに後半のシリアスになっていくシナリオが実に情感溢れる、胸に響いてくる出来でラストは美しいとさえ言えるほどで、ジーンとくるものがあったぐらいでした。
 ガッシュのイメージが違いすぎる面はあるにせよ、やはりあの展開はググッときたものでしたね。

 それゆえに前半部分への不満もより強くなってしまうわけですが……前半から後半への流れがどうにも不自然であり、恐らくは製作者側の不慣れさ、もっと言えば未熟さゆえなのだろうと思うのですが、この噛合わせの悪ささえなければ相当に高い評価が出来たのに、と残念に思う心情が強くなってしまったのですよね。
 アダルト作品としてのデビュー作、という面を考えればやむを得ない面もあるでしょうし、「ツカミで失敗したのをよく挽回した」とも言えますけれども、もうちょっと何とかしてもらいたかったのは偽りのないところでした。

 あと、惜しむらくは個人的嗜好にヒットするヒロインがいなかったことでした。
 メインヒロインにより思い入れをしていれば、よりあのラストの演出が引き立っていたと思うだけに……嗜好の問題なので仕方ないですけどもね。

 グラフィック面ではやはりリバ原あきさんの(当時の)絵柄は好みに合っていたもので、今見てもいいなあと思えるぐらいですし満足のいくものでした。
 後にもっと洗練されてくるわけですが、今作はこれはこれでいい感じと思えますしね。 

 ということで。
 まだまだ荒い部分も散見されたものの、後半のシナリオには見るべきものがあったのでプレイしてみた甲斐は十分にあった作品でした。
 筆者の評価はランクC+です、現在はアイルホームページなどから有料ダウンロードにてプレイ出来るようになっています。

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : デュアルソウル

コメント

RE:Windows時代の作品だと思ってました

>KITTさん

 まあ、WIN95が発売になった年に出たDOS作品ですからWIN専用と勘違いしてもおかしくないですな。
 プレイ時間は10時間前後だったはずなので、長いRPGやSLGのプレイが終わった後にでもサクッと手をつけてみるのはいかがでしょー

Windows時代の作品だと思ってました

私が持っているのはWindows95専用なので。懐かしくなって捜したらすぐCDケース大のパッケージが見つかりました。残念ながらWindowsXPで動かすのは難しいようですが、Win98SEのサブPCにインストールして最初にセーブできるポイントまで進めてみました。とりあえずCD無しで起動できるようにフルインストールしておいたので、いつかリプレイしたいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する