スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジー タクティクス アドバンス

ファイナルファンタジー タクティクス アドバンスファイナルファンタジー タクティクス アドバンス
(2003/02/14)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

その日、街はボクの知ってる街ではなくなってしまった……。

 PS1で発売された「ファイナルファンタジータクティクス」を新たにゲームボーイアドバンスにてシリーズを展開することとなったシミュレーションRPG。
 それがスクウェアから2003年2月14日に発売された「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」でありました。

 前作の監督である松野泰己さんはプロデューサーになり旧クエストスタッフが実務を担当となったようで。
 セールスとして40万本以上を記録し海外においてはトータルでミリオン出荷と、FFというネームバリューがあるにせよ驚きの数字を叩き出しております。

 主人公の少年、マーシュはイヴァリースという田舎町に引っ越したばかりでまだ馴染めないでいた。
 とあることからクラスメートのミュートとリッツ、マーシュの弟のドネッドらと共に家に集まり、「最後の幻想」という不思議な本を読んだのだが。
 一夜明けるとそこは、ゲームのようなファンタジー世界が広がっていたのであった……
 というプロローグから始まり、マーシュが元の世界に戻るべく冒険をすることになっていきます。
 筆者はPS版にはドがつくほど期待外れでガッカリさせられたクチでして今作は長らくプレイ意欲が起きないタイトルだったのですが。
 いざプレイしてみるとこれが個人的に大当たり、長い時間を夢中になってプレイさせてくれました。

 ゲームシステムはタクティカルなバトル+FF3や5のようなジョブ&アビリティシステムの融合という、前作と基本部分においては変わらないもので。
 ですが星座の相性だのブレイブポイントだのといったPS版における煩雑な部分はなくなりまして、ランダムエンカウントも敵の姿が画面で見えるので戦闘するしないが選べるようになるなど遊びやすさもパワーアップされており。
 そして何よりクランという何でも屋な組織でクエストとなる冒険や探索をこなしていくのが本当に楽しくてやめられない止まらない状態になってしまいました。
 メインとなる本筋クエストを進めつつ、250以上もあるサブクエストをすることで冒険で有利になる武具やレアアイテムをゲット出来たりするのがたまりません。

 登場キャラの育成もPS版ほど凝ってはいないものの「とあるジョブでいくつかアビリティ(特殊能力)を習得→転職して以前のアビリティも引き継ぎながらも新しいものを覚えていく」という流れは健在で育成好きにはたまらないものがあり、必要以上にランダムエンカウントで戦ってしまったものでした。

 このようにクエストをこなしながらキャラの育成をしていくのが実に筆者好みの作りであり、PS版では失敗していた「ジョブ&アビリティシステムとS・RPGのゲーム性の融合」を今作は見事に果たしていたように感じました。

 とは言え、残念なことではありますが今作にも不満が皆無というわけではなく。
 まず序盤でのゲームシステムを把握してもらう流れのやり方がうまくなくて、このテのジャンルに慣れてないと戸惑うであろうこと。
 そしてクエストをこなすことで得られるアイテムの所持数に制限があって所持していたいものを手放さざるを得なかったりすることなど、納得のいかない部分もありました。
 アイテムの検索性がよろしくないのも(特に武器)イライラさせられますし……どうやら制作期間の問題で色々と詰め切ることが出来なかったようで海外版では改善されている要素もあるみたいですが、ココで要らぬ不満を抱かせるのは実にもったいない。

 またそれまでの松野作品とはあまりに違った毛色のシナリオであることも、まあアドバンスユーザー向けを考慮したのでしょうけど盛り上がりや満足度は今ひとつではありました。
 政治闘争だの暗殺だの、血生臭い要素はほとんどないですからね。
 ロウシステムは不利な条件でも何とでも回避出来るのでそう不満はなかったのですが、世間一般にはウケが悪かったようで。 
 
 ということで。
 ゲームシステムは本当に、本当に楽しかったです……今までこのシリーズに抱いていた不信感を見事に吹き飛ばしてくれました。
 後ほんの少し完成度が高まっていれば手放しで絶賛出来ただけに最後に詰め切れなかったことが惜しまれます。
 とはいえこれだけ楽しませてくれたならDSで発売された続編「封穴のグリモア」をプレイしなければ、と思わせてくれました、そしてそのときがとても楽しみです。
 筆者の評価はランクB+です、「まだ終わりたくないなあ……」、こう思わせてくれた実に久しぶりの作品でした。

テーマ : ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイナルファンタジータクティクスアドバンス 松野泰己

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。