スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ (特典なし)
ZERO ESCAPE 刻のジレンマ (特典なし)
  • 発売元: スパイク・チュンソフト
  • レーベル: スパイク・チュンソフト
  • スタジオ: スパイク・チュンソフト
  • メーカー: スパイク・チュンソフト
  • 価格: ¥ 5,800 (7% OFF)
  • 発売日: 2016/06/30
  • 売上ランキング: 1262

極限脱出シリーズ完結編

極限脱出 9時間9人9の扉」から6年半、シリーズ3作目にして完結作となる謎解きAVG。

 メインデザイナーの打越鋼太郎さんの最新作ということで、このシリーズをどう締めくくってくれるのか、1作目と2作目の間の年代の話という部分に訝しさを感じつつプレイを始めたわけですが。

 ちなみに3DSとVitaの両機種にて発売されていますがvita版の方をプレイしています。

今作ではDecisionゲームで生死をかけた脱出に挑む

 初代ではノナリーゲーム、2作目ではアンビデックスゲームにて閉鎖空間からの脱出に挑んできたわけですが、今作ではDecisionゲーム、極限での意思決定により生死を欠けることになります。登場人物たちは3チームに分けられ、そこでの選択により自分達、そしてお互いのチームの運命が決まっていくわけで。

 アイテムを駆使してロックされた部屋からの脱出はシリーズ通してのシステムで、それを抜けた後に決断をくだしていくわけですね。
 90分を過ぎると記憶消去薬が打たれるという設定で、その間での行動パートごとにある程度自由にプレイ出来る、フローチャート上を移動するというシステムは「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を連想させますが、あそこまであちこちジャンプするわけではないですが。

 脱出ゲームパートは前作のように難易度選択が出来なくていくつかは自力攻略断念しました。数字を記号に変換するだの、ハート形にパズル組むだの、手間が掛かり過ぎるのは正直付き合い続けられませんでした、ヒントが大雑把過ぎてヒントになってない感じのもちょこちょことあるし、メモ機能もvitaだとペンタッチではないので使いづらい機能でしかなかったですしね。

 ストーリーはまあ、打越節が効きまくってましたね、今回は特にエグいというかスプラッタ描写が多くて食傷気味ではありましたけど。最終盤に明かされる謎はやはりびっくりさせられました、色々と考えてはいたんですけどもね。
 ただ物語の都合上仕方のないのでしょうが「や、やり遂げたぞ!」なカタルシスはなかったのが残念でした。特に今作で完結と謳っている以上はきっちりとした締めくくりがあるものと思っていたので……あえて外したという打越さんの考えも判らないでもないけど、でもなあ。

 まあ初代からプレイしてきた身にとっては、落ち着くべきところに落ち着いた感もあったことも否定は出来ないですか。打越テキストならではな遊び心に富んだテキストは欲しかったですが、まあ大人向けにしたかったということであえて持ち味は封印したのでしょうね。

モデリングはかなりの減点要素、イラストレーターの変更には疑問

 頑張って欲しかったのはキャラのモデリングでしたね、3DSの方に合わせたにしてもも少しやりようが……髪の揺れる動きなどは、本当に2016年の商業作品なのかなあ、というのが率直なところでした。

 本当に豪華な声優陣のフルボイスなのも頑張ってましたが、スキップは普通のAVG準拠が良かったかな、演技自体は文句はないですがパッパと進めたいシーンもしばしばでしたので。
 西村キヌさんからキャラデザが変わったのもどうかと思います、完結編でイメージ変える意図は理解に苦しみます。

 まああちこち飛びまくるゲームデザインは前作同様に楽しめましたし、打越シナリオをすぐに体験したくて発売日に購入したことは全く後悔しない出来でしたが、やはりEver17には遠く及ばず、というのが率直な評価になりますか、方向性が違うことは判ってますけどもね。
 筆者の評価はランクB-です。
スポンサーサイト

タグ : 極限脱出 打越鋼太郎 Ever17

極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス
極限脱出ADV 善人シボウデス
  • 発売元: チュンソフト
  • レーベル: チュンソフト
  • スタジオ: チュンソフト
  • メーカー: チュンソフト
  • 価格: ¥ 6,000 (4% OFF)
  • 発売日: 2012/02/16
  • 売上ランキング: 2524

打越鋼太郎シナリオの極限脱出シリーズ第2作

 チュンソフトのサウンドノベルに脱出ゲームの要素を組み合わせたAVG。
 それが2012年2月16日にニンテンドー3DSとPSVitaの2機種で発売された「極限脱出ADV 善人シボウデス」でありました。
 前作はDSオンリーだったのですが、SCE携帯ハードでもvitaでは画面タッチ可能な仕様になったこともあり両機種発売になったようですね。
 前作に引き続き今作でも閉鎖空間に閉じ込められたプレイヤーたちが脱出を果たすべく行動していくことになります。
 シナリオはもちろん打越鋼太郎さん、キャラクターデザインも西村キヌさん続投で、キャラにも前作キャラが一部登場となっております。

システム・UIは改善、脱出パートには難易度設定も

 前作はシナリオには意外性があって楽しめたものの、インターフェイス周りが色々と気が利いてなく苛々させられる部分もあったのですが、こちらはまずまずの改良が施されており遊びにくいということはなかったです、メッセージスキップ周りがもうひとつでしたが。
 今作から声優陣によるボイスも搭載されていますが、実力派が揃っているだけあって演技は見事です。ファイ役の方だけはうまいって感じではないですが、あの演技はキャラにピッタリでしたね。
 そして何と言ってもゲームシステムでシナリオが一体化しているゲームデザインがグッジョブ! 「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を思わせる、それぞれのルートのツリーにジャンプしていくのが物語中盤以降本当に楽しく、次のシナリオが読みたくて読みたくてプレイ当時は本当にやめられない止まらない状態でした。
 遥か未来の物語なのになぜか同じ姿で登場する前作キャラ、などの謎も明かされたりして物語の真相に迫ってい展開はさすが「Ever17」を作り上げた打越鋼太郎シナリオのことだけはありました。うむ、満足でした。

続編ありきの結末はやや疑問が残る

 と、満足したと言っておいてアレですが、真相に至っての結末が実は完結編へと続く、というものなのが何とも……2016年7月現在ならすぐに次回作がプレイ出来ますが、それまで待たされた身にとってはなかなかに切ないものがありました。
 脱出パートもどうにも判定というかうまくそのアイテムを指定出来ずイライラする部分もあって、そこももうちょっと練ってほしかったですね。
 筆者の評価はランクBです、まあここまで来たら完結まで見届けねばなりませんね。
極限脱出ADV 善人シボウデス サウンドトラック
極限脱出ADV 善人シボウデス サウンドトラック
  • アーチスト: ゲーム・ミュージック
  • 発売元: Sweep Record
  • レーベル: Sweep Record
  • スタジオ: Sweep Record
  • メーカー: Sweep Record
  • 価格: ¥ 2,700
  • 発売日: 2012/04/19
  • 発売日: 2012/04/18
  • 売上ランキング: 201591

タグ : 打越鋼太郎 Ever17 極限脱出

逆転裁判6

逆転裁判6
逆転裁判6
  • 発売元: カプコン
  • レーベル: カプコン
  • スタジオ: カプコン
  • メーカー: カプコン
  • 価格: ¥ 4,926 (21% OFF)
  • 発売日: 2016/06/09
  • 売上ランキング: 27

霊媒師 綾里真宵、復活!
 
 シリーズ6作目となる、大人気法廷バトルAVG。
 今作では主人公の成歩堂龍一が日本を離れ霊媒の国クラインにて悪戦苦闘、部下の二人の若き弁護士も日本で戦いを繰り広げていくことになります。
 新システムとして霊媒ビジョンという、被害者の最後の記憶を霊媒能力の一種にて呼び戻し判決を下していくクライン王国での裁判での重要な要素となるものが導入され、また指紋判定などのカガク捜査も復活しました。
 そして何と言っても最大の目玉として、シリーズ1-3にてヒロインポジションを占めていた綾里真宵が復活、相変わらずの巻き込まれ体質を今作でもいかんなく発揮しております。
 あと前作で削除され大変不評であったことと思われる探偵パートの「調べる」、無事復活を果たしておりましたね。

音楽とキャラデザインが素晴らしい、ヒューマンドラマにも見所ありっ

 今作をプレイして特筆すべき点と感じたのがヒロインたちのキャラデザインでした。復活の真宵&茜をはじめ、姫巫女・車椅子の少女と、どのキャラのビジュアルもとても素晴らしいですね。文句なくシリーズ一の出来栄えでありました。
 音楽も託宣の舞をはじめ実に幻想的で耳に残る曲がいくつかありましたね、個人的にはこれもシリーズ一だと感じました。
 各キャラの個性も十分に描かれていたことも好印象です、特に姫様はかなりイイですね。真宵もあまり違和感なかったので上手く処理出来ていたと言えましょうか。
 各エピソードに関しては正直、良かった点とどうかと思う点と分かれているのですが、ラストエピソードで展開されるヒューマンドラマは素直に良かったとは感じました。さすがに1のDL6号事件には及びませんがシリーズでも上位に食い込める出来だったのでは。
またダウンロード専用(期間限定無料、終了後は有料)エピソード「時を越える逆転」に関しては……ああ、やはりシリーズ1-3を愛好する身にとって成歩堂with真宵vs御剣のガチ対決は特別で格別で、ついニヤりとしてしまいますね。巧舟さんが書いてないから御剣がオーバーアクション気味な感じではあるけど十分合格点の出来でした。ナルホド&真宵で探偵パートしてそこに茜が絡む……うむ、こういうファンサービスを今後も継続すべきでしょう、今度は2の女検事や「逆転検事2」の裁判長の出演を望みたいし、今までやってない対決(御剣と他二人の弁護士とか今の成歩堂vsガリュウ検事)なんかも見たいな、と思わされましたね。

テンポの悪さやヒントの出し方に改善を

 となかなか良いと感じる部分も多くあるのですが、実は1話をクリアした時点での印象はとても悪かったです。何かある度にガヤがワイワイ騒ぐシーンが頻繁に挿入、挙句に証人が何を語るにも音楽演奏しながらでやたら時間が掛かり、初っ端から大変ストレスを感じました。弁護士への強烈な悪意を示す演出も判りますが、下手したらここで見放すプレイヤーが出てしまうほどのテンポの悪さ、3話もそうですが深く反省してもらいたいです。
 新システムの霊媒ビジョンも、個人的に動画からの間違い探しは好きではないので最後まで馴染めませんでした。からくり箱にも大変手こずりましたし、前作簡単にし過ぎた反動やも知れませんがヒントはしっかりと、出来ればレイトンシリーズのように3~4段階にわけて出す感じにして欲しいですね。
 あとは、正直オドロキ君の過去を更に描いた挙句にナルホド君がアドバイザーに留まってしまった最終話は、シナリオの良さとは別にどこかスッキリしないものがありました。あとこの事件の構造はシリーズで一番トンデモな展開でしたね…….

 ということで。
 セールスはかなり数字を落としてしまい心配ですが続編もきっと出るものと思います、次作は大きな流れのない短編の集まりみたいな作りで良いと思いますので、ファンサービスに徹したエピソードをお願いしたいですね。
 筆者の評価はランクBです。
逆転裁判6 オリジナル・サウンドトラック
逆転裁判6 オリジナル・サウンドトラック
  • アーチスト: ゲーム ミュージック
  • 発売元: SMD itaku (music)
  • レーベル: SMD itaku (music)
  • スタジオ: SMD itaku (music)
  • メーカー: SMD itaku (music)
  • 価格: ¥ 3,240
  • 発売日: 2016/07/13
  • 売上ランキング: 767

タグ : 逆転裁判 巧舟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。