スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーファミコン本体

スーパーファミコン(本体)スーパーファミコン(本体)
(1990/11/21)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

 新たに「スーパー」の名を冠した、国民的ゲーム機の次代を担うこととなったこれまた名機。
 それが1990年11月21日に任天堂から発売された「スーパーファミコン」でありました。

 もう語るまでもない伝説と化した「ファミリーコンピュータ」ですが、さすがに増大する各ソフトのデータ量をカバーするには限界を迎え、より高性能なゲーム機が望まれていたところに遂に投入された本体でありまして。
 筆者もやはり買わねばってことで、品薄状態が解消されつつあった1991年4月に購入したのでした。

 発売前後に大きく報じられていた「画像の拡大縮小回転」という機能に関しては、確かになるほどどと思う部分もありつつもそう感銘を受ける部分はなかったのですが。
 音に関してはファミコンとは比べ物にならないほど表現力が増してましたね……アレでも制作側には色々と容量がキツかったとのことですが、普通に遊ぶ分にはただただ「おおっ」と思わされたものでした。

 ソフトも多種多様なラインナップが投入されましたね……思い出に残るタイトルも多くありました。
 一番最初は本体と同時に「シムシティー」を購入しましたが、確かにこれはファミコンではムリだろうと思わせる膨大なデータ量で、でも任天堂の味付けによって遊びやすく仕上がっていましたし。
 ドラクエ、FF、メガテンといった現在でもエース格のRPGも市場を賑わせましたし、「ストリートファイターII」「弟切草」などではそれまでになかった体験をすることが出来ましたしね。
 個人的には「スーパーロボット大戦」の第3次と第4次に特にノメりこんだことが印象深いです……原作アニメの各機体が豊富な武器を操って戦っていき、それを原作さながらの動きで見せてくれかつSRPGとしても抜群に楽しい、とこのシリーズに惚れ込むことになったのはスーファミ時代からでしたわ。

 ただ難点も……市場を圧倒的に支配してしまったからか、ソフトの価格が随分と高くなってしまい、モノによってはとても子供に手が出る値段でなくなってしまったものも。
 最後期にはまた下がりましたけど、全盛期でのビッグタイトルの高価格化にはやはり否定的になってしまいました。
 大都市ならば各ショップの競争が激しいのでそれでもかなりの値引きはされますが、田舎はそうもいきませんしねえ……

 ということで。
 筆者の評価はランクです、確かに良い本体でしたが、この後2世代で据え置きでは任天堂が後塵を拝することになってしまった原因も作ってしまったかも知れませんね。
スポンサーサイト

開設41ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来41ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 ただ、この一ヶ月はレビューをUPするペースが大幅ダウンとなってしまいました。
 読みに来てくださる皆様には大変申し訳なく思っております……現状、プライベートで大きな変化があったものでそれに対応するのに四苦八苦している次第で。
 何とか自分のペースを掴めるようになったら、また以前のような頻度でUPしていけるかと思いますので何とぞお許しください。

 今月はもう中心にレビューするシリーズとかはナシです……これまたしばらくはムリかも知れません。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。
 また、みんぽすさんにも投稿したレビューには記事の最後に「このレビューを評価する」という小さい枠が表示されるようになっていますので、当ブログのレビューがもし少しでも参考になったなら「評価する」ボタンをポチッと押して下さるととても嬉しく思います。ちなみに最近では「ACE:R」にて表示されています。

 今月のコラム的ネタは、アトラスブランドについてにしてみます。
 先日、親会社のインデックスHDに吸収合併されるもブランドは存続、という報道がなされました。
 ゲームメーカーとしてはかなり知名度あるところでしたが確かにここしばらくは危ないとは聞き及んでましたので「やっぱり……」って感じですか。
 ブランドはひとまず存続ってことで、スーファミ時代から多くの個性溢れるタイトルを出してきたところですから一安心ですし、ブランド名を変えるのは得策ではないと思います。

 でもメガテン・ペルソナ・世界樹はともかく、それ以外の例えば「グローランサー」とかの新作を開発するのは厳しくなってきますかねえ……

 ってことで、これから42ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

アナザーセンチュリーズエピソード R

アナザーセンチュリーズエピソード R(初回特典: Zガンダム3号機をゲーム序盤から入手できるプロダクトコード同梱)
アナザーセンチュリーズエピソード R(初回特典: Zガンダム3号機をゲーム序盤から入手できるプロダクトコード同梱)
  • 発売元: バンプレスト
  • メーカー: バンプレスト
  • 価格: ¥ 3,584 (57% OFF)
  • 発売日: 2010/08/19

異界を切り裂け、エースの翼

 PS2で3作展開していたシリーズの最新作となるロボットACT。
 それが開発をフロムソフトウェアが担当しバンプレストから2010年8月19日にPS3版が発売された「Another Century’s Episode:R」(アナザーセンチュリーズエピソード R)でありました。

 PS2の3作目で完結を謳っていたのでPS3で新たにシリーズ展開、ってことにちょっと驚きもあったのですが。
 個人的にはPS3本体購入の大きな原動力ともなりましたので、当然のごとく発売日からプレイすることにしたのでした。

 それぞれの世界で多様な機体でそれぞれの戦いを繰り広げていた戦士たち。
 だが彼らの前にまるでブラックホールのような球体が出現し、それに飲み込まれた彼らは見知らぬ地で目覚める。 
 そこは惑星エリアという、人間の存在が感じられない荒れ果てた世界であった……

続きを読む »

テーマ : アナザーセンチュリーズエピソードR - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。