スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snow Memoria ~忘れえぬ想い~

冷たい雪に埋もれた、私の記憶――

 中世ヨーロッパを舞台にした恋愛AVG。
 それがAIR PLANTSからWIN版が2000年4月14日に発売された「Snow Memoria ~忘れえぬ想い~」でありました。

 エアプランツという、今はもう存在しないブランドから発表された、当時でも間違いなくマイナーな小品ではあったのですが。
 筆者の嗜好にずばりストライクな清楚なお姫様キャラが出て来るのがパソコン雑誌の記事で確認出来たことと絵柄が結構好みだったこと、設定もなかなか良さげに思えたことで購入してみることにしたのでした。

 中世ヨーロッパの2つの小国は長い間争いを続けたものの、片方の王女が行方不明になり一時休戦の運びとなった。
 主人公のライオレットは若き領主として戦線に赴いて大きな戦果を挙げたのだが、残党討伐の際に今まさに襲われんとする少女を助ける。
 記憶喪失であったその少女は、戦争による敵軍の攻撃に巻き込まれて亡くした妹にうりふたつであったのだが……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : Snow Memoria ~忘れえぬ想い~

天外魔境 ZIRIA

天外魔境 【PCエンジン】天外魔境 【PCエンジン】
(1995/05/26)
不明

商品詳細を見る

 PCエンジンを代表するRPGとなったシリーズの記念すべき第一作。
 それが制作をレッドカンパニー、販売はハドソンから1989年6月30日にPCエンジンCD-ROM2で発売された「天外魔境 ZIRIA」(ジライア)でありました。

 PCエンジンCD-ROM²初のボイス入りRPGということで発売前のゲーム雑誌などで大きく取り上げられたタイトルでありまして。
 広井王子というクリエーターの名が大きく知られることにもなりましたね。

 平和で美しい国、ジパング。
 かつてこの国を滅ぼす寸前まで追い詰めた「マサカド」の復活をもくろむ集団が現れ、同じくかつてそれを防いだ「火の一族」が再び打ち倒すべく立ち上がる。
 その中の一人である青年、ジライアもまたこの世界の平和を守るため旅立つことになるのであった……

続きを読む »

タグ : 天外魔境 ZIRIA

ペルソナ2 罰

ペルソナ2 罰 通常版ペルソナ2 罰 通常版
(2000/06/29)
PlayStation

商品詳細を見る

真実は記憶の裏にある。

 前作「ペルソナ2 罪」を受けて発売となった人気RPGシリーズ第3作。
 それがアトラスから2000年6月29日にPS版が発売された「ペルソナ2 」でありました。

ペルソナ2 罪」はプレイしたのですが、RPGとしては楽しめたもののその結末にげんなりし、正直言って今作へのモチベーションはあまり高くはなかったのですが。
 アクセサリを同梱した限定版を思いもかけぬ安価で入手出来る機会があったので、メガテンシリーズは大体プレイし続けてきた以上はこいつも片付けようかと思い直し立ち上げてみることにしたのでした。

 若者向け情報誌”クーレスト”の編集記者である天野麻耶は、ある日とある少年とぶつかってしまう。
 その少年とどこかであったような、でも思い出せない麻耶の右胸に奇妙な刺し傷が浮かぶ。
 彼を「デジャ・ヴュの少年」として探す彼女に、JOKER事件という不可思議な出来事が起こることになり再び激動の運命が待ち受けるのであった……

続きを読む »

テーマ : 女神転生・ペルソナ - ジャンル : ゲーム

タグ : ペルソナ2

MOTHER(マザー)

マザーマザー
(1989/07/27)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

エンディングまで泣くんじゃない

 ファミコンで制作された、糸井重里氏が手掛けたことで大きく世に知られたRPG。
 それが任天堂から1989年7月27日に発売された「MOTHER」(マザー)でありました。

 当時から既に著名コピーライターであった糸井さんがゲームを作るということで話題になり、ゲーム雑誌でも内容に関して賞賛されている記事を読んで気になり手を出したのですが。
 ちなみに「エンディングまで~」のコピーは糸井さんではない、と知ってかなり驚かされました。

 アメリカの田舎町「マザーズデイ」で暮らす主人公の少年。
 1988年のある日、突然家でラップ現象と呼ばれる不可思議なことが起こり、そのナゾを探るため旅立つ。
 旅をする内に世界の歪みを知り、共に戦うことになった仲間と立ち向かうことになるのであった……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : MOTHER マザー

Dr. STOP!

 病院を舞台にした、コメディータッチなAVG。
 それがアリスソフトから1992年4月15日にPC98版が発売された「Dr.STOP!」でありました。

 当時のアリスソフトは大作RPGやSLGがメインで、短編集を除いたAVGとしてはかなり久しぶりに制作されたことになる一作でして。
 その頃に評価する声はほぼ聞こえて来なかったので筆者はずっとプレイしていなかったのですが、シナリオがとりさんだと知って「それならやってみようかなあ」と思い直し触ってみることにしたのでした。
 
 とある病院の医師である主人公の青年。
 そこの院長の娘(この病院の看護師でもある)と婚約しているのだが、それを気にしないかのようなハチャメチャな行動で名が知れていた。
 だがあるとき、同僚で親友の医師が院長の不審な行動を感じ取り調べてみるうちに不可思議な医療ミスを咎められ、主人公はその疑惑を晴らすべく活動するのだが……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : Dr.STOP!

ペルソナ2 罪

ペルソナ2 罪ペルソナ2 罪
(1999/06/24)
PlayStation

商品詳細を見る

噂は、現実になる。

 アトラスから発売されたシリーズの第2弾となるRPG。
 それが1999年6月24日にPS版が発売された「ペルソナ2 」でありました。
 
 筆者は前作「女神異聞録ペルソナ」にはあまりハマれず、今作へのプレイ意欲はあまりなかったのですが安価で入手出来る機会を得たのででは、ということで始めてみることにしたわけで。
 キャラクター人気は前作ともども非常に高いようで今も熱く語る方が多いように見受けますね。

 前作の「セベク・スキャンダル」から3年後、舞台は地方都市の珠瑠市。
 主人公の少年が通う七姉妹学園のエンブレムを身につけると容貌が破壊される、という噂が流れそれが実現してしまう。
 そしてその他の悪い噂も現実となっていくという異変が起こっていく事態の中心に、主人公とクラスメート、取材記者らが巻き込まれるのであった……

続きを読む »

テーマ : 女神転生・ペルソナ - ジャンル : ゲーム

タグ : ペルソナ2

開設31ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来31ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。

 とは言えここのところ旬なソフトのレビューが出来てない影響でしょうか、やや寂しいPV数に留まっています。
 年内に新作を発売日購入する予定はなかったのですが、一念発起して興味あるタイトルであるDS「極限脱出 9時間9人9の扉」を即買いしてみようかな、なんて思っておりまする。
 
 今月はメガテンタイトルの中の「ペルソナ」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、ゲームレビューに関する私のスタンスについて少々。
 このブログも結構長く続けることが出来ていますが、なるべくネタばれはしないように十分な注意を払ってきたつもりです。
 レビューを読んで購入の参考にしたい方にとっては極度のネタばれが致命的なダメージになってしまうこともありますしね……ただ「驚愕の真相!」とか物語のキモにあたる部分が書けないとレビューに仕上げるのが極めて難しかったりすることがあるのもまた確かで。「ドラゴンナイト4」や「Ever17」は大傑作だと確信していますが、その素晴らしさをアピールするにはネタばれなしではムチャクチャ厳しいですからなあ。
 このヘンのサジ加減には注意してるつもりですが、まあ全部書いてしまうタイプの書き手の気持ちも判るよなあ、って部分もありますねえ。アクションやスポーツものならそれを気にしなくても良いのである意味ラクに書ける部分もあるのですが、個人的に物語性の強いAVGやRPG、S・RPGをプレイする機会の方が多いのでなかなか油断は出来ないかな、ってのが正直なところでしょうか。

 ってことで、これから32ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

武田信玄

武田信玄武田信玄
(1988/03/28)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 戦国武将の武田信玄を題材にした戦略SLG。
 それがホット・ビィから1988年3月28日にファミコン版が発売された「武田信玄」でありました。

 発売当時は歴史SLGにやたらハマっていまして、次から次へと手を出していたのですが。
 実は個人的には歴史上の人物の中ではダントツに上杉謙信びいきで武田信玄に関してはあくまで「謙信のライバル」なイメージしかなかったのですが、あるいはそれ故に一度強さを体験するのも良いかと思い、プレイしてみることにしたのでした。

 時は戦国の世。
 甲斐の地を治める武将、武田信玄は全国制覇を目指し立ち上がる。
 そこに待ち受けるは越後の虎、上杉謙信。そしてその向こうには上洛に成功し勢力を大きく伸ばした織田信長が……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 武田信玄

月光に濡れる教室で、僕は。

月光に濡れる教室で、僕は。月光に濡れる教室で、僕は。
(2003/03/28)
Windows 98

商品詳細を見る

 ちぇりーそふとによる、学園を舞台にしたAVG。
 それが2003年3月28日にWIN版が発売された「月光に濡れる教室で、僕は。」でありました。

 ちぇりーそふとの作品はS・RPGのをメインにプレイしていて、あきらさんの美麗なグラフィックの数々は実に好みでありまして。
 今作はAVGでしたがやはり、絵の方を目当てにしてプレイしてみることにしたのでした。

 もうじき卒業式を迎え、春には最上級生となる主人公の少年。
 ある日自分の妄想を書いたノートを教室に忘れ、取りに戻ると「夜に学校に来い」という彼宛のメッセージカードを見つける。
 そこに行くと、自分の淫らな想像そのままの姿をした少女が待ち受けていて……そして結ばれてしまった二人に更なる問題が起こるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 月光に濡れる教室で、僕は。

女神異聞録ペルソナ

女神異聞録ペルソナ PlayStation The Best女神異聞録ペルソナ PlayStation The Best
(1997/06/27)
PlayStation

商品詳細を見る

 アトラスの、メガテンシリーズでありながらもう一つの看板タイトルにまで成長することとなったRPGの記念すべきシリーズ第一作。
 それが1996年9月20日にPS版が発売された「女神異聞録ペルソナ」でありました。

 それまでスーパーファミコンで展開していた「真・女神転生」シリーズがハードに合わせてセガサターンでは「デビルサマナー」シリーズに、そしてプレイステーションでは今作から「ペルソナ」シリーズとして新たなスタートとなりまして。
 筆者はメガテンと学園ものが合体した「真・女神転生if」はあまり楽しめなかったのですが、それとテイストが似ていることは気になったもののメガテンシリーズ新作となるとやはりプレイ意欲が刺激され、後に出たベスト版が発売になってからですが遊んでみることにしたのでした。

 聖エルミン学園に通う主人公の少年。
 クラスメートが占い遊びの「ペルソナ様」遊びをするのに付き合ったところ不可思議なものを目の当たりにし昏倒してしまう。
 その際にペルソナ召喚の力を得てしまった彼らは、この街の大企業「セベク」の陰謀に巻き込まれることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 女神転生・ペルソナ - ジャンル : ゲーム

タグ : 女神異聞録ペルソナ ペルソナ

スペランカー

スペランカースペランカー
(1985/12/07)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 数あるファミコンソフトの中でも傑出して有名な、有名過ぎるぐらいの知名度なアクション。
 それがアイレムから1985年12月7日に発売された「スペランカー」でありました。

 元々はアメリカのメーカーが開発したものをアイレムがファミコンに移植して販売した一作、とのことのようで。
 日本での発売から20年以上経過してもなお、「スペランカー」という単語がゲームネタに留まらずプロ野球界でまで使われるほどのネタゲームと化したのでした。

 主人公は探検家であり、世間に知られていない宝を探すべく活動していた。
 そしてとある洞窟に潜り、難関を乗り越え宝を手に入れるべく冒険を開始する。
 その一番の難関は実は自分自身にあるのだが……果たして、彼の冒険は成功し無事生還出来るのだろうか……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : スペランカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。