スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテン翼VS

キャプテン翼VSキャプテン翼VS
(1992/03/27)
GAME BOY

商品詳細を見る

ひゅうがくん の タイガーショット!
 おおっと いしざきくん ふっとばされた!!

 ファミコン版で人気を博したシリーズを携帯ゲーム機に移植した一作。
 それがテクモから1992年3月27日にゲームボーイ版が発売された「キャプテン翼VS」でありました。

 人気コミックを原作としアニメもヒット、そしてファミコンにてゲーム化されるとこちらも目新しいゲーム性で大きくブレイクしたタイトルを携帯ゲーム機であるゲームボーイでも発売、ということで。
 筆者もファミコン版2作には大いに楽しませてもらったので、今作も発売して割とすぐに購入しプレイすることにしたのでした。

 南葛小学校に転校してきた大空翼という少年。
 サッカーの天才と思わせる華麗なプレイと人懐っこい性格であっという間に仲間と仲良くなり、南葛選抜チームで全国優勝を目指すことになる。
 そしてその向こうに、世界との戦いも待っているのであった……

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : キャプテン翼VS

テイルズオブレジェンディア

テイルズ オブ レジェンディア PlayStation 2 the Best
テイルズ オブ レジェンディア PlayStation 2 the Best
  • 発売元: ナムコ
  • メーカー: ナムコ
  • 価格: ¥ 2,520 (10% OFF)
  • 発売日: 2006/06/08

信じる思いを力に変えて

 それまで重ねてきたシリーズから見るとかなり異色な仕上がりとなったタイトル。
 それがナムコから2005年8月25日にPS2版が発売された「テイルズオブレジェンディア」でありました。

 それまでのテイルズ本編はずっとプレイして来ていたので今作ももちろん、スルーすることなくゲットし取り掛かることにしまして。
 制作スタッフは「鉄拳」などを手掛けた面々が参加しており、原画師もそれまでの藤島康介・いのまたむつみ両氏から中沢一登氏に変更となってました。

 敵に追われ遺跡船と呼ばれる巨大な陸地を併せ持つ船に乗り込むことになった主人公のセネルとその妹のシャーリィ。
 不思議な力を持つシャーリィが狙われ、セネルはそれを守るべく奮闘する。
 逃避の旅を続けるうちに遂にシャーリィが捕らわれ、彼女を救うべく出会った仲間達と奪還のために戦いを続けるセネルであったが……

続きを読む »

テーマ : テイルズ - ジャンル : ゲーム

タグ : テイルズオブレジェンディア

Pure My Doll(ピュアマイドール)

その日、少女を入手した。

 美少女漫画家が原作・原画を担当するMAXシリーズというアグミックスというメーカーが展開していた、その5作目となるAVG。
 それが1990年9月25日にPC98版が発売された「Pure My Dool」(ピュアマイドール)でありました。

 当時の売れっ子美少女漫画家であった唯登詩樹さんが原作と原画を担当ということでパソコンゲーム雑誌に紹介されていた記事を読んだときから気になっていたのですが。
 何でも通販専用で店頭には並ばないとのことだったのですが、何の気の迷いか、通販でこのテの買ってみたくなってしまったのかで注文してしまいプレイすることにしたのでした。

 ヤバい仕事をしている友人を金銭的に助けたことのある主人公はその「お礼」と称してとある荷物を受け取る。
 その中にはなんと、一体の生身の少女としか見えない「SEXドール?」が入っていた。
 教育も受けていないその子に対し、何でも出来る立場となった主人公は一体、どのような選択をするのだろうか……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ピュアマイドール

キャプテン翼III 皇帝の挑戦

キャプテン翼3キャプテン翼3
(1992/07/17)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

ひゅうがくん の ライトニングタイガー!
 おーっと いしざきくん ふっとばされた!

 テクモ版「キャプ翼」シリーズ、3作目にしてスーファミ初登場タイトルとなった一作。
 それが1992年7月17日に発売された「キャプテン翼III 皇帝の挑戦」でありました。

 ファミコン版2作のキャラクターゲームとしては屈指の完成度の高さに、原作ファン以外からも高評価されたシリーズのスーパーファミコン版が出ることになり。
 後述する改良点も発売前に告知され、前2作を十分に楽しめた筆者も発売されてすぐ購入しプレイすることにしたのでした。

 ユース世代の世界大会で活躍を見せた大空翼らの日本代表メンバーは、その後日本を飛び出てブラジルなどのサッカー強国にて更なる実力をつけるべく戦っていた。
 そしてドイツ主催のユニバーサルユース大会が開催されることになり、またもや集うことになる。
 日本に名を成さしめ続けているこの世代の強豪国の意気込みも強く、また日本の主力にもアクシデントが発生し絶体絶命の状況に陥るのだが……

続きを読む »

タグ : キャプテン翼

鬼作

鬼作
鬼作
  • 発売元: エルフ
  • メーカー: エルフ
  • 価格: ¥ 6,839(34% OFF)
  • 発売日: 2001/03/30

俺はお前でお前は俺なんだよ……

 ジャンルとしては「臭作」と同じ盗撮AVGとなる、シリーズ最終になるであろうタイトル。
 それがエルフから2001年3月30日にWIN版が発売された「鬼作」でありました。

 盗撮した写真で脅迫して追いこんでいくおやじが主人公という、いわゆる鬼畜系作品の3作目でありシリーズ完結編とも言える一作だったわけですが。
 筆者は基本的には鬼畜系の作品はプレイ意欲が沸かない方なのですが、クリエイターの蛭田昌人氏の作品をこよなく愛する身としては無視するわけにもいかず、また「臭作」という前作が同様の内容ながら極めて遊び甲斐のあるゲームシステムであったため、今作でも楽しめるかもと思い発売してすぐプレイすることにしたのでした。

 伊頭三兄弟の末弟、鬼作
 不仲だった兄の死を新聞で知り、兄と同じような鬼畜な道を選びながらも自らは失敗しないことを誓う。
 そしてとある社員寮の住み込み管理人として働きながら女を追い込むべく活動するのだが、なぜか臨時社員として営業もすることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 蛭田昌人 鬼作

コブラII~伝説の男~

コブラ 2 【PCエンジン】コブラ 2 【PCエンジン】
(1991/11/29)
Array

商品詳細を見る

 PCエンジンで展開されたアニメ・マンガ原作作品のデジタルコミック化された中の一作。
 それがハドソンから1991年6月7日にPCエンジンCD-ROM2版が発売された「コブラII~伝説の男~」でありました。

 デジコミの歴史の第一歩となった前作から2年、2作目として登場することになった一作でありまして。
 筆者は前作はプレイしなかったものの、「コブラ」という作品は原作・アニメ・LSIゲームなどでファンというほどではなかったですがそれなりに親しみは感じていたので、手頃な価格で購入出来るチャンスがあったときに手を伸ばしてみることにしたのでした。

 宇宙を駆け巡り美女と冒険とバトルに明け暮れる男、コブラ
 とある酒場であった美女から姉妹二人の捜索を頼まれる。だがその3姉妹には大きな秘密が隠されており宇宙海賊から狙われることに。
 左腕のサイコガンで敵をなぎ倒し、コブラは秘密に迫ることになるのだが……
 

続きを読む »

タグ : コブラ

開設30ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来30ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。

 今月でちょうど2年半が経過ということで、自分でもよく続けることが出来たなあ、と感慨のようなものがあります。UPするペース自体は落としてますけどもそれでも月に二桁のレビューを書いていけてますからね。
 まあいよいよ書くネタがなくなるともうちょっとペースが落ちるかも、ですが何とか二桁のラインは維持していけたらなあ、と今の時点では考えているところです。
 
 今月は「キャプテン翼」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、あと一ヶ月ちょっとで突入することになる年末商戦についてです。
 今年の商戦の目玉はFF13であることは衆目の一致するところだと思います。ただPS3というハードに勢いが出てきたとはいえまだまだ普及率には問題があるわけで、ナンバリングFFのブランドを持ってしてもどこまで伸びるかは予想が難しいですね。

 任天堂はマリオとゼルダを投入でポケモンもプレゼント需要でまた伸びる、と手堅い戦略になっているでしょうか。まあ年末の無敵さはいつものことなので例年通りの存在感を占めることになりますかね。

 他は戦国無双3やテイルズ新作、レイトン新作辺りがめぼしいところでしょうか……ふうむ、やはりFFとマリオが軸で大きく売れないと厳しいラインナップとなりかねないでしょうか。

 ってことで、これから31ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

キャプテン翼II スーパーストライカー

キャプテン翼IIキャプテン翼II
(1990/07/20)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

ひゅうがくん の タイガータックル!
 おーっと いしざきくん ふっとばされた!

 シリーズ最高傑作の呼び声も高い、サッカーマンガの代名詞的作品をコマンド選択型SPGに仕上げた第2作。
 それがテクモから1990年7月20日にファミコン版が発売された「キャプテン翼II スーパーストライカー」でありました。

 前作が「コマンド選択でサッカーゲームを成立させる」という、それまでのゲームにない斬新な発想でしかも極めて完成度の高い状態で発売されそのクオリティには原作ファンはもちろんサッカーにあまり興味のない向きにも大いに評価されていまして。
 筆者は原作を愛読していて前作も大変楽しんだので、今作は発売してすぐ購入したものでした。

 ジュニアユースで世界制覇を成し遂げる原動力となった大空翼はブラジルに渡りプロサッカー選手を目指していた。
 また共に戦った仲間達は日本高校選手権でそれぞれのチームに別れ、優勝を目指ししのぎを削る。
 そしてその戦いを経て、彼らはワールドユースで世界の強豪、そして今度は最強のブラジルを倒すべく集結するのであった……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : キャプテン翼

臭作

臭作臭作
()
Windows

商品詳細を見る

ガキ共め、みんなして俺の美学を踏みにじりやがって……

 エルフがMS-DOSソフトからWINDOWSソフトへ移行することになった、記念すべきオリジナルタイトルであるSLG要素も濃いAVG。
 それが1998年3月27日に発売された「臭作」でありました。

 エルフのPCゲーム史上で最も大きなセールスを記録した(はず)、美少女ゲーム業界でも鬼畜作品では屈指のビッグタイトルでありまして。
 筆者は鬼畜系はそんなにプレイしたいと思わない人間なのですが、やはりコイツは蛭田昌人信者としては触らないわけにはいかないってことでWINDOWS搭載のパソコンを購入して割とすぐにプレイすることにしたのでした。
 
 粛清音楽学院の女子学院寮。
 そこに偽の管理人として伊頭臭作がやって来ることに。
 寮の住人の女生徒・女教師の弱みを握り、思うがままの凌辱三昧を目指す彼の野望が始まろうとしていたのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 臭作 蛭田昌人

逆転検事

逆転検事(通常版)
逆転検事(通常版)
  • 発売元: カプコン
  • メーカー: カプコン
  • 価格: ¥ 3,899 (23% OFF)
  • 発売日: 2009/05/28

『事件現場』で暴かれる真実!

 カプコンの人気作品の一つとなった「逆転裁判」シリーズ、そのスピンオフとなるAVG。
 それが2009年5月28日にニンテンドーDS版が発売された「逆転検事」でありました。

 本編は「4」まで進み新主人公も登場、でも前主人公もバリバリ出番ありまくりとなったわけですが。
 今作では3までのキャラを中心にスピンオフとして様々な新要素を付与して発売されることになり、シリーズをすべてプレイしている筆者としても当然内容が気になるのでプレイしてみることにしたのでした。

 さまざまな経験を経て、「裁判に必ず勝つ」ことよりも「事件の真実を導き出す」ことに重点を置く検事となった御剣怜侍。
 海外出張から日本に戻った彼に大きな事件が舞い降りる。
 彼の執務室で起こってしまった殺人事件から、「ヤタガラス」を巡る大きな謎に巻き込まれることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 逆転裁判 - ジャンル : ゲーム

タグ : 逆転検事

ベルウィックサーガ

ベルウィックサーガ PlayStation 2 the Best
ベルウィックサーガ PlayStation 2 the Best
  • 発売元: エンターブレイン
  • メーカー: エンターブレイン
  • 価格: ¥ 2,940
  • 発売日: 2005/12/01

 PSにて発売された一作目を受け継いだシミュレーションRPG。
 それがエンターブレインから2005年5月26日にPS2版が発売された「ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ」でありました。

「ファイアーエムブレム」シリーズにおいて中心的な存在であった加賀氏が独立して、エンターブレインから発売された新シリーズでありまして。
 前作の発売に関しては任天堂と裁判沙汰にまでなったりと外野がうるさかったわけですが、今作は大きな仕様変更が行われFEとはかなり違った印象に仕上がってました。

 ヴェリア王国とラーズ帝国が激しく争う世界。
 先の戦で帝国に大敗を喫した王国は、周辺諸国と連係をとりながら帝国の侵攻に耐えていたが先の王が戦死し後を継いだ若い王は暗愚で戦線崩壊は時間の問題であった。
 そこに小国シノンの公子、リースは王国に助勢すべく駆けつけ、様々な苦労や苦戦を経つつ徐々に大きな勢力となりこの戦争に大きな影響を与えるのであったが……

続きを読む »

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

タグ : ベルウィックサーガ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。