スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアーエムブレム 烈火の剣

ファイアーエムブレム 烈火の剣ファイアーエムブレム 烈火の剣
(2003/04/25)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

人は、物語と共に成長する。

 シミュレーションRPGの代名詞的シリーズ、そのゲームボーイアドバンスでの第2作。
 それが開発をインテリジェントシステムズ、販売を任天堂が担当し2003年4月25日に発売された「ファイアーエムブレム 烈火の剣」でありました。

 アドバンスでの第一作「封印の剣」の過去を描く作品ということで、元々2本出すつもりで制作されていたようですが。
 まあこのシリーズは一番最初から付き合い続けてきたので今作もプレイしてみることにしたのでした。

封印の剣」の20年前の世界。
 とある見習い軍師が行き倒れたところをリンという一人の少女が助ける。
 成り行きで彼女が遠く離れた祖父の元に向かう旅に同行することになり、山賊たちを蹴散らして進むうちにフェレ公子エリウッドと出会うことになるのだが……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイアーエムブレム 烈火の剣 封印の剣

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記
(2001/05/24)
PlayStation

商品詳細を見る

 「ファイアーエムブレム」シリーズのメインデザイナーが独立して新たに送り出したシミュレーションRPG。
 それが開発をティルナノーグ、販売エンターブレインで2001年5月24日にPS版が発売された「ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記」でありました。

 加賀昭三という、それまでの「ファイアーエムブレム」の総指揮を担っていた人物が独立し、PS陣営で新たなサーガを描くということで主に「ファミ通」関連雑誌で大きく取り上げられまして。
 後に色々と問題が発生してしまうことになるわけですが、やはりシリーズを愛好してきた身としてはプレイしないわけにはいかず、発売日購入したのでした。

 リーベリア大陸には4つの王国によって均衡していたが、互いの争いによって疲弊したところを邪神を崇めるゾーア帝国の侵攻を許し市井の人々は苦しめられていた。
 4王国の一つ、リーヴェ王国内のラゼリア公国の公子であるリュナンは帝国に対し親友であるホームズらと共に果敢に戦い続けるも国を追われ、父同士が親友の仲であったウエルトに向かうことに。
 そこで幼なじみの王女が追っ手に迫られていたのを救うことにより、大陸を揺るがす戦いが始まることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : PlayStation - ジャンル : ゲーム

タグ : ティアリングサーガ

夜明け前より瑠璃色な

夜明け前より瑠璃色な 通常版夜明け前より瑠璃色な 通常版
(2005/12/22)
Windows

商品詳細を見る

それは、月と地球がとても近かったころのお話。

 オーガストの看板タイトルとなった恋愛AVG。
 それが2005年9月22日にWIN版が発売された「夜明け前より瑠璃色な」でありました。

 オーガストの前2作をプレイしてべっかんこうさんの柔らかい絵柄に魅力を感じており、更にこのタイトルが大きくセールスを伸ばしていて不評の声も聞かなかったことと、何といっても筆者は「清楚なお姫様」キャラがとにかく好き、ってことで発売からかなり後にはなりましたがプレイしてみることにしたのでした。

 月に人が移り住み、スフィア王国を作り地球とは別の歴史を歩み遂には戦争まで経験した世界。
 それが遠い過去になった現在、スフィア王国のお姫様が地球に短期留学することになり主人公である達哉の家にホームステイすることになってしまう。
 ここから達哉と周囲の面々による騒がしい日々が始まるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 夜明け前より瑠璃色な

トランプボーイ2

トランプボーイ2トランプボーイ2
(1990/11/09)
GAME BOY

商品詳細を見る

 タイトルが示す通り、トランプゲームを携帯ゲーム機で楽しむパーティゲーム。
 それがパック・イン・ビデオから1990年11月9日にGB版が発売された「トランプボーイ2」でありました。

 トランプの中でもかなりメジャーな「ポーカー」「ブラックジャック」などはないものの、日本ではそれに並ぶぐらい遊ばれているであろう「大富豪」「七並べ」「ページワン」の3種類が収録されていまして。
 個人的にトランプゲームで一番好きなのは「大富豪」なもので、それを人数集めなくても遊べる、ってことで購入してみたのでした。

 トランプゲームを3種類収録したシリーズ第2弾。
「大富豪」「ページワン」「七並べ」が収録され、通信ケーブルがあれば対戦も可能。
 お馴染みのトランプゲームをゲームボーイでも遊べます。

続きを読む »

テーマ : トランプ - ジャンル : ゲーム

タグ : トランプボーイ2

SHANGRLIA[シャングリラ]

 エルフが「FOXY」シリーズに続いて送り出した戦闘メインのSLG。
 それが1991年8月28日にPC98版が発売された「SHANGRLIA」(シャングリラ)でありました。

「同級生」でエルフにずっぽりハマった身として、このタイトルにも手を出してみることにしまして。
 蛭田昌人さんが手掛けてないエルフ作品と認識して買ったかどうかはもう記憶が定かではないのですが、もともとSLGというジャンルもかなり好きな方であったので特に迷わず購入しましたね。

 現代世界に住む主人公、トオルはあるときガールフレンドのナツミとともにネコを追いかけ、とある館に迷い込みはぐれてしまった。
 そこの主人に異世界ヒュンケル王国を救うべく指揮官となって戦うよう、半ば強制されその世界に向かうことに。
 限られた期間のうちに魂を捕らわれた美女揃いの将軍たちを救い、王国に平和をもたらすことが出来るだろうか……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : シャングリラ

開設27ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは昨日で開設以来27ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 今月は「ファイアーエムブレム」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、11日に発売になった「ドラゴンクエストIX」に関する雑感をば。
 あ、私はまだプレイしていないので内容に関しては触れません、早くて年末ぐらいですかね、購入するのは。

 数度の延期の末にようやく発売となったIX、出荷も既に300万本を越えたそうでこれからも順調に数字を伸ばしていきそうですね。
 セーブが一つしか出来ないとかwi-fiでのマルチプレイうんぬんとか、ネガティブ要素も事前に喧伝されてましたが行列作って発売初日から数日でドカンと売り上げるパワーはさすがと思います。

 ただ残念なのがマジコンへの対策も早々に突破され、そちらでプレイする輩も相当数いるであろうことですね……何とか壊滅的な打撃を与えられるマジコン対策が出てこないものでしょうかねえ。難しいから現在でも出てきてないのだろうとは思いますが……

 ってことで、これから28ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

シャーロック・ホームズの探偵講座

シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】
(1989/11/24)
不明

商品詳細を見る

 PCエンジンCD-ROM2の大容量を生かした、名探偵の代名詞たる英国紳士の活躍を描く推理AVG。
 それがビクターから1991年7月26日に発売された「シャーロック・ホームズの探偵講座」でありました。

 筆者は学生時代に新潮文庫版「シャーロック・ホームズ」シリーズにズッポリとハマってしまった人間であったものの、ファミコンで出た何作かには食指が動かなかったのですが。
 実写ムービーをふんだんに使っていた今作を紹介したゲーム雑誌記事には大いに心動かされ、購入しプレイしてみたのでした。

 説明無用の名探偵、シャーロック・ホームズ。
 彼の元には常に依頼が舞い込んでくる。
 そしてまた、3つの事件の解決に彼の頭脳が必要とされるのであった……

続きを読む »

タグ : シャーロック・ホームズの探偵講座

DiaboLiQuE -デアボリカ-

DiaboLiQuE -デアボリカ- 廉価版DiaboLiQuE -デアボリカ- 廉価版
(2000/09/14)
Windows

商品詳細を見る

殺戮 怠惰 殺戮 怠惰 殺戮 怠惰。
どう足掻こうが、それがお前だ。
アズライト

 アリスソフトのシナリオライター、とりさんが手掛けた伝奇AVG。
 それが1998年5月28日にWIN版が発売された「DiaboLiQuE」(デアボリカ)でありました。

 実はこの作品、PC98時代の一作「アンビヴァレンツ」のある意味後継的な作品、って位置付けだそうで。
アンビヴァレンツ」は数あるアリスソフトの作品群の中でも極めて印象深い逸品と評価している身としてはこいつもプレイせねば、ということで触ってみることにしたのでした。 

 不老不死のデアボリカ、という存在が全てを統べる世界。
 その中でも最強クラスの力を持ちながら最下層である人間種族のために戦う異端のデアボリカである主人公のアズライトは、あるときレティシアという少女と出会う。
 それがアズライトの安息を求める、長い長い旅の始まりであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : デアボリカ アンビヴァレンツ

ファイアーエムブレム 封印の剣

ファイアーエムブレム 封印の剣ファイアーエムブレム 封印の剣
(2002/03/29)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

 シミュレーションRPGを代表するシリーズ、そのゲームボーイアドバンスでの第一作。
 それが開発インテリジェントシステムズ、販売が任天堂で2002年3月29日に発売された「ファイアーエムブレム 封印の剣」でありました。

 それまでは全て据え置きゲーム機で出ていたFEシリーズが、初めて携帯ゲーム機で発売になるってことで注目されまして。
 それまでのメイン製作者が離れた関係からか久々の発売でもあって、個人的には期待と不安と両方あるような感じで購入しましたね。

 エレブ大陸では二つの大国と多くの小国による同盟組織によって構成されていた。
 だが一つの大国が突如、周辺諸国を制圧すべく侵攻を開始する。
 同盟諸国の一つフェレ公爵家の現領主の息子であるロイはそれに対抗すべく、仲間達とともに戦うのであった……

続きを読む »

テーマ : ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイアーエムブレム 封印の剣

聖霊機ライブレード

聖霊機ライブレード聖霊機ライブレード
(2000/03/23)
PlayStation

商品詳細を見る

 原作アニメなしの、完全オリジナルなロボットもののシミュレーションRPG。
 それがウィンキーソフトから2000年3月23日にPS版が発売された「聖霊機ライブレード」でありました。

 スパロボシリーズやSFC版「魔装機神」の開発をしてきたウィンキーソフトが発売元のバンプレストから離れてリリースしたオリジナル作品でありまして。
 当時のウィンキーソフトはかなり信頼と言いますか、このメーカーなら買いと思っていたので初のオリジナルタイトルでしたが発売日購入したのでした。

 高校生の主人公、トウヤは空港テロで両親を亡くしたものの周囲の人々の助けもあり普通の日常を過ごしていた。
 だがある日、空から降ってきた2体の戦闘用ロボットの戦いに巻き込まれてしまう。
 成り行きでそのロボットに乗り戦うことになってしまうのだが……

続きを読む »

テーマ : PlayStation - ジャンル : ゲーム

タグ : 聖霊機ライブレード 魔装機神

ファイアーエムブレム トラキア776

ファイアーエムブレム トラキア 776ファイアーエムブレム トラキア 776
()
不明

商品詳細を見る

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」の外伝となるシミュレーションRPG。
 それが開発をインテリジェントシステムズ、販売を任天堂で1999年8月28日にスーパーファミコン(ニンテンドーパワー)版が発売された「ファイアーエムブレム トラキア776」でありました。

 スーパーファミコン末期に出てしかも基本的にニンテンドーパワーでの販売という、ローソンでのカセット書き換えシステムで普及を図る販売方法が取られて、実ソフトも2000年1月21日に発売はされたものの流通量は極めて少なくプレミア化してしまったのですが。
 このシリーズを愛好しつつも入手しそびれていた当時の筆者はたまたま新品がワゴンで売ってるのを発見し、驚きつつも即座に確保しプレイしたのでした。

 グラン暦776年。
 15年前に両親を敵の奇襲によって失ったレンスター王国の生き残りリーフは、小さな開拓村で隠れながらも成長し剣術を身につけつつあった。
 そしてリーフにとっての「聖戦」が、始まろうとしていたのだった……

続きを読む »

テーマ : ファイアーエムブレムシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイアーエムブレム トラキア776

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。