スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースチャンネル5

スペースチャンネル5スペースチャンネル5
(1999/12/16)
Dreamcast

商品詳細を見る

音楽とダンス、そしてゲームを愛するすべての人へ。

 セガが放った新感覚リズムアクション。
 それが1999年12月16日にドリームキャスト版が発売された「スペースチャンネル5」でありました。

 発売当時は話題になりドリキャスソフトとしての知名度は結構高く筆者も名前は当然知っていまして。
 あまりリズムアクション系のは触ったことがなかったものの、お手頃価格で販売されていたのを見て試しにプレイしてみることにしたのでした。

 25世紀な未来世界の新人女性TVリポーター、うらら。
 その彼女が異星人の襲来になぜか立ち向かうことになってしまい、そしてなぜかダンス勝負することになってしまう。
 その模様はTV局「スペースチャンネル」によって放映されうららが活躍すると飛躍的に視聴率もUPに、人類のため、自らの職業のため彼女は踊り続けることになるのであった……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般 - ジャンル : ゲーム

タグ : スペースチャンネル5

スーパーロボット大戦K

スーパーロボット大戦K(特典無し)スーパーロボット大戦K(特典無し)
(2009/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る

星を超えた友情
 この出会いは、必然なのか――

 DSでの2作目となるスパロボ
 それがバンダイナムコゲームスから2009年3月20日に発売された「スーパーロボット大戦K」でありました。

 事前に設定された発売日が前倒しになるという、スパロボシリーズでは初めてとなる異例のスタートを切った作品でして。
 個人的には参戦作品にあまり惹かれるものがなくすぐ手を出す気はなかったのですが、あっさりとお手頃価格になったのでプレイしてみることにしたのでした。

 星紀暦105年。
 邪魔大王国や擬態獣の襲撃やナチュラルとコーディネーターの対立など、地球の平和は脅かされ続けていた。
 そして更なる戦乱が……一年前に突然現れたミストという青年も、それに巻き込まれることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : スーパーロボット大戦K スパロボ

Lの季節 -A piece of memories-

ベストプライス Lの季節-A Piece of memories-ベストプライス Lの季節-A Piece of memories-
(1999/08/05)
PlayStation

商品詳細を見る

願いの先に愛を知る……

 トンキンハウスから発売された恋愛ヴィジュアルノベル。
 それが1999年8月5日にPS版が発売された「Lの季節 -A piece of memories-」でありました。

 トンキンハウスが恋愛AVGを作る、ということにイメージと合わない印象が強く受けたのですが。
 キャラデザ・原画を担当された渡辺明夫さんの可愛らしい絵に強烈に惹かれ、謎めいた世界観も気になったので発売日購入してしまったのでした。

 現実界と幻想界、二つのそれぞれで繰り広げられる物語。
 現実界では連続意識喪失事件が起こり、幻想界では音楽コンクール直前に騒動が起こる。
 そしてその中心にいる男子それぞれに、謎のペンダントが関わってくるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : Lの季節 渡辺明夫

顔のない月

DMMアダルト ダウンロード美少女ゲーム 「顔のない月」

無垢の花散らす獣欲――

 ROOTのデビュー作となった、伝奇要素がメインのAVG。
 それが2000年12月22日にWIN版が発売された「顔のない月」でありました。

 当時既に人気絵師となっていたCARNELIANさんが設立したブランドの第一作ということで、発売前から話題になり初回版は瞬殺してしまったぐらいで。
 筆者はそれまではCARNELIAN原画作品はプレイしたことはなかったのですが雑誌記事などで興味を惹かれて通常版を購入しプレイすることにしたのでした。

 主人公の大学生、羽山浩一は「女性の顔を顔と認識出来ない」という特異な病(?)を患っていた。
 あるとき大学の教授の強要まがいの勧めで、古いしきたりが色濃く残る田舎の親戚の家に行くことに。
 そしてその館の女主人に「あなたは次期当主であり娘を好きなようにして良い、娘の意思は関係ない」と言われ、困惑するのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 顔のない月 CARNELIAN

マジカルチェイス

マジカルチェイス 【PCエンジン】マジカルチェイス 【PCエンジン】
(1990/04/06)
不明

商品詳細を見る

 ファンタジー調の横スクロールシューティングゲーム。
 それが開発クエスト、販売パルソフトで1991年11月15日にPCエンジン版が発売された「マジカルチェイス」でありました。

 このソフトは発売になったものの発売元が倒産したことで需要と供給のバランスが悪く、幻のソフトになっていたのをゲーム雑誌の再販企画によって入手可能になったといういわくがあり。
 筆者も「PCエンジンFAN」での再販案内に応募してゲットしたのでした……それでもまたレアゲーム化してしまった、まあ半伝説的なソフトですね。

 見習い魔女である主人公、リプル。
 不注意から6匹の悪魔の封印を開放してしてしまい、再封印のために逃げた悪魔を探すべくほうきに乗って飛び回る。
 見つけられないと師匠にカエルにされてしまうため必死に探すスプル、果たして全ての悪魔を捕まえることは出来るだろうか……?

続きを読む »

タグ : マジカルチェイス

開設26ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来26ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 今月は「スーパーロボット大戦」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、E3にて発表された「PSP Go」に関する雑感をば。

 デザインに関しては不評のようですが、まあそれはいいですわ……確かにモニターは斜めに立てられる仕様の方がいいですけど。

 元小売だった人間としてはDL専売の時点でもう呆れるだけですね。
 こんな小売を敵に回すようなことして本当に普及すると踏んでいるのかどうか……まあいずれどこかがチャレンジしたい気持ちは、中古否定なメーカー側からすればあったのでしょうけど、旧作ならともかくボリュームのデカい新作でそれなりの価格するタイトルがDLのみでそうそう売れると思ってるんですかねえ。
 また販売店にはいずれは「本体と周辺機器だけ取り扱ってくださいね」ってことでしょうから、それに付き合う所もそんなにないように思いますが……

 購入側としての私は、説明書を何ページも読むなら紙で、ですけどなあ。
 パッケージを手に取って眺めつつ選ぶ感覚が失われるのもどうかと思いますし。
 個人的には先日PSP-3000本体を買ったばかりですが現在の満足度は極めて高いですし(指紋があまりに付き易いのだけはどうかと思いますが)、新型は全然そそられないので恐らくずっとこちらを遊び続けることになると思いますね。

 ってことで、これから27ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

スーパーロボット大戦R

スーパーロボット大戦Rスーパーロボット大戦R
(2002/08/02)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

荒ぶる魂!熱き想い!静かな願い。
 永遠の宇宙に、平和の鐘を鳴らせ!

 ゲームボーイアドバンスでのスパロボシリーズ、その第2弾となるシミュレーションRPG。
 それがバンプレストから2002年8月2日に発売された「スーパーロボット大戦R」でありました。

 前作の「A」がなかなかのヒットとなったことを受け制作されることになったアドバンスでの第2作なわけですが。
 筆者はスパロボ好きではありますが今作に関してはあまりそそられるものを感じず、随分後になって価格がこなれてから購入、プレイしたのでした。

 スペースセンチュリー141年。
 一年戦争を乗り越えたもののクーデターによりデギム・バートンが地球連邦のTOPとなり、それに対しシャア・アズナブル率いるネオジオンが敵対し新たな戦乱が巻き起ころうとしていた。
 そのような中、多目的換装式の兵器・エクサランスの戦闘実験が行われることになったのだが……

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : スーパーロボット大戦R

下級生


DMMアダルト ダウンロード美少女ゲーム 下級生 オリジナル復刻版

心のときめきを、あなたに伝えたい……。
  
 エルフのクリエイター、蛭田昌人が贈る、このジャンルとしては最後となった純愛AVG。
 それが1996年6月7日にPC98版が発売された「下級生」でありました。

同級生」シリーズで業界トップの座を揺ぎないものとしたエルフの、蛭田昌人さんが今作以降は鬼畜系のみ手掛けることになったので純愛作品としては最後の一作となりまして。
 キャラデザ・原画に門井亜矢さんを迎え、その魅力的なグラフィックでも話題になりましたね。

 卯月学園の3年生となった主人公、けんたろう(変更可)。
 寮生活も3年目であり、ときどき喫茶店でバイトしながら学園生活最後の一年間を迎える。
 数多くの女性達との出会いの機会を得てどんな未来が待ち受けているのだろうか…… 
 

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 蛭田昌人 下級生 同級生

スーパーロボット大戦A

スーパーロボット大戦Aスーパーロボット大戦A
(2001/09/21)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

君よ、戦火の裏にかくされた真実を挑め!

 ゲームボーイアドバンスで初めて発売となったスパロボシリーズの一作。
 それがバンプレストから2001年9月21日に発売された「スーパーロボット大戦A」でありました。

「第2次スーパーロボット大戦G」以来、本当に久しぶりの携帯機でのスパロボに触ることになり完全新作を遊ぶということでは初、になりまして。 
 基本的に据え置き機のスパロボばかりプレイしていた筆者にとって、期待と不安が入り混じった状態で始めたのですが……

 宇宙世紀0XXX年。
 一年戦争とグリプス戦役を乗り越えた人類に更なる脅威が舞い降りる。
 それに対処するべく活動する独立部隊「ロンド・ベル」の前に、所属不明の機体に乗った記憶喪失の男が現れたときから全てが始まったのであった……

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : スーパーロボット大戦A

ガンダムバトルクロニクル

ガンダム バトルクロニクルガンダム バトルクロニクル
(2007/10/04)
Sony PSP

商品詳細を見る

 PSPで展開されている「ガンダムバトル」シリーズの第3弾。
 それが開発をアートディンク、販売がバンダイで2007年10月7日に発売された「ガンダムバトルクロニクル」でありました。

 シリーズは「タクティクス」「ロワイヤル」と発売になっていて本作が3作目であり、基本的にシリーズは順番にプレイしていくタチなのですが。
 筆者は「逆襲のシャア」好きなので、機体だけとはいえ登場する本作からやってみることにしたのでした。

 宇宙世紀0079から始まる戦いの歴史。
 そこに新人パイロットの主人公がパートナーと共に激戦を生き抜いていくことになります。
 どの勢力に加わり自軍を勝利に導くべく戦うのか、それを決めるのはもちろん、貴方です……

続きを読む »

テーマ : ガンダム全般☆ - ジャンル : ゲーム

タグ : ガンダムバトルクロニクル

D.P.S. SG set3

 美少女ゲームにおけるオムニバスソフトの先駆けとなったシリーズの第4作。
 それがアリスソフトから1991年12月15日にPC98版が発売された「D.P.S. SG set3」でありました。

 シリーズも4作目となりすっかり定着したシリーズになりまして。
 筆者も前3作をプレイしてきた人間ですので今作もやはり付き合わねば、ってことで購入しプレイすることにしたものでした。

「D.P.S」とは、自分以外の人間となって新たな体験をすることが出来る睡眠学習的ゲームシステム。
 カセットをセットした後に眠るとあら不思議、自分以外の何者かとなって不思議なうさぎを追いかけたり巨大ヒーローになったり。
 夢の中ではどんな映像よりもリアルな世界が広がっている……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : MIN-NARAKEN

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。