スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~

サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~(通常版)サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~(通常版)
(2002/03/21)
Dreamcast

商品詳細を見る

 ドリームキャストでのシリーズ最終作となったシミュレーションAVG。
 それが開発をレッドエンターテイメント、販売セガで2002年3月21日に発売された「サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~」でありました。

 3まで続いたシリーズの、同一主人公による物語のラストと銘打って発売された作品でありまして。
 後述しますがボリュームの部分は懸念していたものの、やはり3までプレイしたのだからこれも付き合おうということで購入したのでした。

 パリでの大きな戦いに勝利し、日本に戻ることになった主人公、大神一郎。
 しかしまたもや帝都に強大な敵が現れ、大神率いる帝国華撃団は絶体絶命の窮地に陥る。
 だがそこに、巴里から天使が舞い降りて来たのであった……!

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : サクラ大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : サクラ大戦4 田中公平

燃えろ!!プロ野球

燃えろプロ野球燃えろプロ野球
(1987/06/26)
Array

商品詳細を見る

 ファミコン初の、選手がリアルタイプな野球ゲーム。
 それがジャレコから1987年6月26日にファミコン版が発売された「燃えろ!!プロ野球」でありました。

 ファミコンの野球ゲームとしては前年に「プロ野球ファミリースタジアム」が発売になって大ヒットを記録していたのですが。
 それにあやかってなのかジャレコも野球ゲームを制作、前述していますが選手をファミスタのようなデフォルメせずスラッとしたリアルな体型で表現していたことを大きな売り文句としていましたね。

 ゲームのルールは当然のことながら現実の野球に準じたものとなります。
 選手がリアル志向で描かれ投球時はピッチャープレートからの画面で戦うことに。
 またファミコン野球ゲームでは初めて12球団でペナントレースを戦うことが出来、ホームラン時の演出も派手になっています。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 燃えろ!!プロ野球

ねこねこファンディスク

 ねこねこソフトから発売された「銀色」「みずいろ」2作品のファンディスク。
 それが2002年1月25日にWIN版が発売された「ねこねこファンディスク」でありました。

「お返しディスク」などなど、ソフトを購入した人へのファンサービスはとても手厚いソフトハウスであったねこねこソフトのファンディスクってことで発売前から気にはしていたのですが。
 とてもリーズナブルに感じる販売価格でもあったので、発売されてから一週間後ぐらいに買ってみることにしたのでした。

「みずいろ」を中心にしつつも「銀色」のショートストーリーも楽しめる今作。
 更にオマケのオバカなオリジナル短編も随所に盛り込まれ、さらにさらに「みずいろ」キャラを使った結構本格的なアクションゲームまで搭載。
 販売価格に見合った内容であること、間違いなし!
 

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ねこねこファンディスク

幻想水滸伝V

幻想水滸伝V Play Station2 the Best
幻想水滸伝V Play Station2 the Best
  • 発売元: コナミデジタルエンタテインメント
  • メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 価格: ¥ 2,520 (10% OFF)
  • 発売日: 2006/12/07

すべてを、奪還する。

 幻想水滸伝シリーズ、PS2では3作目でありナンバリングの通算では第5作目となるRPG。
 それがコナミから2006年3月23日に発売された「幻想水滸伝V」でありました。

 シリーズはナンバリングも外伝もほぼプレイしてきたので今作も当然触るつもりでありまして。
 ただ主に金銭的な理由で手を出しそびれてしまい、気が付けばDSの最新作「幻想水滸伝ティアクライス」より後にプレイすることになったのでした。

 700年もの長い歴史を持つ大国、ファレナ女王国。
 この豊かな地を巡り数年前に女王の継承を巡る凄惨な争いが起こり、更に2年前には不可解な民衆の暴動まで起こる。
 ようやく落ち着きつつあったかに見えたのだがまた暗い影がファレナの王族に降りかかりつつあり、そこに継承権のない若き王子が立ち上がることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 幻想水滸伝 - ジャンル : ゲーム

タグ : 幻想水滸伝V

タッグチームプロレスリング

タッグチームプロレスリングタッグチームプロレスリング
(1986/04/02)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

タッチワークが勝敗の決め手!

 ナムコから発売になった、ファミコン初のプロレスゲーム。
 それが1986年4月2日に発売された「タッグチームプロレスリング」でありました。

 初期ナムコの移植ではないタイトルというのは珍しく、またその題材がプロレスというのも意外なところと受け止められていたようなのですが。
 筆者は当時、プロレスに熱中していたもので、後述しますが登場レスラー自体には不満もないではないものの、ファミコンでプロレスが出来ることには嬉しく思い発売日に購入したものでした。

 ゲームのルールは当然ですが現実のプロレスに準拠します。
 打撃技や投げ技を繰り出し、相手から3カウントフォールを奪うかギブアップさせると勝利、次のラウンドに進むことに。
「タッグチーム」と謳っている通り、味方の危ない場面では救出に向かうことも、また場外乱闘まで出来るようになっています。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : タッグチームプロレスリング

Piaキャロットへようこそ!! ~We've been Waiting for you~

 後にカクテルソフト、F&Cの看板タイトルとなる恋愛SLG+AVGの記念すべき第一作。
 それが1996年7月26日にPC98版が発売された「Piaキャロットへようこそ!! ~We've been Waiting for you~」でありました。

Piaキャロ」シリーズといえば何といっても次回作「2」の圧倒的なまでのグラフィックが話題になって大きなセールスを記録しその後も続いていくことになったのですが。
 第一作となる本作でも甘露樹さんをはじめとするグラフィックに大きな魅力を感じ、プレイしてみることにしたのでした。

 主人公の木ノ下祐介は学校のテストで赤点を取ってしまったため、父親が経営している喫茶「Piaキャロット」で夏休み中バイトすることになってしまう。
 悪友との旅行を計画していただけに落ち込む祐介だったが、幼なじみのさとみと翔子が一緒にバイトすると申し出てくる。
 またPiaキャロットで働く面々との新たな出会いもあり、祐介の波乱に満ちた夏休みが始まろうとしていた……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : Piaキャロットへようこそ!! Piaキャロ 甘露樹

サクラ大戦3~巴里は燃えているか~

サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~ メモリアルパックサクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~ メモリアルパック
(2002/03/07)
Dreamcast

商品詳細を見る

愛の御旗のもとに

 セガの看板シリーズの一つとなった「サクラ大戦」、そのドリームキャストでの第一弾にしてシリーズ第3作。
 それが2001年3月22日にドリームキャスト版が発売された「サクラ大戦3~巴里は燃えているか~」でありました。

 前2作がセガサターンで発売されていたのがドリームキャストで完全新作として続編が出る、ということで話題になりまして。
 ただ率直な印象としては「なんでパリでヒロイン一新でサクラ大戦なんだ?」と思ってしまいまして、特に前2作でマリアが気に入っていた身としては今ひとつそそるものがなかった筆者もドリキャス本体が1万円を割る価格になった際に本体を購入し、このタイトルも発売から大分後になりましたがプレイすることにしたのでした。

 二度の大きな戦いを経た太正15年。
 フランスの首都のパリを中心に邪悪な怪人の手による怪事件が続発し、それに対処する組織「巴里華撃団」が結成されることとなる。
 そしてその隊長として日本から、二度帝都を守り抜いた「帝国華撃団」の隊長を務めた青年がフランス留学という形で赴くことになるのであった……

続きを読む »

テーマ : サクラ大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : サクラ大戦3~巴里は燃えているか~ 田中公平

開設25ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来25ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 この一ヶ月は先月がアップした反動からか、かなりのアクセスダウンとなってしまいました……
 ちょっとレビューしたラインナップがマイナー作品が多かったからでしょうか……残念。
 でも今月は今のところ好調で、また多くのアクセスが頂けそうな期待をしています。

 今月は「サクラ大戦」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、私が新たなゲームハードをゲットした話などを。
 私のところでは割と早く支給された定額給付金を元手に先日、PSP本体一式をゲットしました!
 本当はWii本体を狙っていたのですがタイミングが合わず、とある複合ショップのセールで手頃な価格で出ていたPSP-3000のブラックを購入、メモリースティックはアマゾンで注文したのでした。

  中古なのですがどうやら換金目的で買取したものらしく、全く手が付いてなさげなコンディションだったのはラッキーでした。
 最初の充電にかなり時間が掛かるのは想定外でしたが、いやあ、こりゃ確かに綺麗だわ、ゲーム画面は。

 現在はまだソフトは買ってはあるもののプレイはしていないのですが、「まいにちいっしょ」をダウンロードして毎日、チマチマと庭いじりしたりトロステーションみたりしてます。
 あとジュークボックスライクなインターネットラジオもたまに聴いたりもしてますね……無料体験版やPVも結構豊富で、実は購入前はそんなに期待していなかったのですが思った以上にソフト以外の部分で色々と楽しめそうなのは嬉しい誤算でした。
 ソフトの方も触ってみたいのはそこそこあるのでいずれ、レビューをアップしていくことになるかと。

 ってことで、これから26ヶ月目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

ベースボール

ベースボールベースボール
(1983/12/07)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 シンプル、シンプルとしか言いようのない野球ゲーム第一号。
 それが任天堂から1983年12月7日にファミコン版が発売された「ベースボール」でありました。

 全ての野球ゲームの原点となった記念すべきタイトルが今作となるわけであり。
 現在より遥かに野球が視聴率を取っていた、文字通りダントツ人気のスポーツであった時代でもありましたので当然ファミコンにも登場してくることになり、筆者もプレイすることになったのでした、友人宅で対戦することが多かったように覚えています。
 
 ゲームのルールは当然ですが、実際の野球のルールに準じます。
 チームは6球団が用意され、その中から1チームを選び試合開始、勝利を目指して戦うことに。
 もちろん人間同士による対戦も可能であり、一喜一憂して熱く盛り上がれます!

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ベースボール

処女はお姉さまに恋してる

処女はお姉さまに恋してる 通常版処女はお姉さまに恋してる 通常版
(2005/02/18)
Windows

商品詳細を見る

……『お姉さま』って、呼んでもいいですか?

 女装主人公が女学園に潜入する、というジャンルでは最も名の知れた恋愛AVG。
 それがキャラメルBOXから2005年1月28日にWIN版が発売された「処女はお姉さまに恋してる」(おとめはボクに恋してる、通称「おとボク」)でありました。

 プレイしてない方でもちょっと内容を聞けば「あ、アレのパロディーみたいなものか」と判ってしまうような設定になっていまして。
 発売時の品薄騒動とか、アニメ・PS2移植での声優変更騒動とか色々と話題になっていたこともあって前から気になっていたので触ってみることにしたのですが。

 鏑木財閥の現当主の一人息子である主人公、瑞穂に祖父の遺言が知らされる。
 それは瑞穂を由緒ある恵泉女学院への編入させること、というとんでもない内容であった。
 戸惑う瑞穂を幼なじみの御門まりやが女装させ、強引に通わされることになってしまうのであったのだが……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 処女はお姉さまに恋してる

サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~

サクラ大戦2通常版サクラ大戦2通常版
(2000/09/21)
Dreamcast

商品詳細を見る

 太正時代の帝都、東京を舞台に、異形の怪物達とそれに対抗する組織、帝国華撃団「花組」との戦いを描いたSLG+AVG第2弾。
 それが開発レッド・エンターテインメント、販売セガで2000年9月21日にドリームキャスト版が発売された「サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~」でありました。

 元々はセガサターンで1998年4月4日に発売されたものをドリームキャストに移植した一作でありまして。
 前作の太正浪漫の雰囲気が好ましくかなりプレイしたので今作をプレイする気満々だったのですが、SS版発売当時は経済的に厳しく本体も手放してしまっていたもので、時間が経過しいざプレイしようかと考えたときDC版をチョイスしたのでした。

 前作から一年後の帝都、東京。
 実習航海から戻ることになった主人公、大神一郎が帝劇に帰るとメンバーの半数は別任務に赴いており更に新メンバーが赴任することに。
 だがそれを待ちかねたかのように帝都に再び争乱の火種が撒かれる……

続きを読む »

テーマ : サクラ大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~

ギャラガ

ギャラガギャラガ
(1985/02/15)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 ナムコの誇る、アーケード発の名作シューティングの中の一つをファミコンに移植した一作。
 それが1985年2月15日に発売された「ギャラガ」でありました。

 当時隆盛を誇っていたシューティングゲームの中でも現在に至るまで名を記している、名作と呼んでも差し支えないであろうタイトルでありまして。
 筆者はアーケード版を結構遊んでいたのでファミコン版はあまり食指が動かなかったのですが、家族が持ってきたのを借りてプレイしてみることにしたのでした。

 ルールは基本的に「ギャラクシアン」のものを踏襲していて簡単、画面上部に存在し時折画面下部に存在する自機に襲い掛かってくる敵機をショットにて打ち落としていくのみです。
 敵機には雑兵的な存在からボスにあたる存在まであり、撃墜の方法によってスコアが変わり、こちらに襲い掛かってくるのを迎撃した方がより高得点となる仕様でもあり。
 ただボスギャラガという敵は特殊な攻撃をして来ることがありますが、それを逆用して自機をパワーアップさせることも。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ギャラガ ギャラクシアン

ヌークⅢ ~最後の性戦~

 ボンびいボンボン!による、ドタバタラブコメなテキストAVGのシリーズ3作目にして最終作。
 それが1994年12月16日にPC98版が発売された「ヌークⅢ ~最後の性戦~」でありました。

 前2作をプレイしてきてまずまず楽しめて来ていたので、シリーズ新作が出たなら買う気マンマンではありましたが。
 サブタイトルのこんなおふざけはどうだろうかと思いつつ、今作がラストということで少し寂しく思いながらも発売してすぐ購入、プレイしたのでした。

 2度の争乱を何とかクリアし、主人公の梅千代と恋人で美少女科学者のピリルは観光目的でハワイに来ていた。
 だがそこでは、2度も野望を砕いたはずのギルの影がちらつき始めていた。
 今度こそギルとの決着を付けるべく、二人は考古学者のマデリーンの力を借りて行動を開始するのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ヌークⅢ ~最後の性戦~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。