スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Natural ~身も心も~

『恋』から『愛』へ。移り変わる心… だけど変わらない想い、”好き”という気持ち。

 F&Cから送り出された、恋愛AVG寄りの調教SLG。
 それが1998年2月6日にWIN版が発売された「Natural ~身も心も~」でありました。

 純愛ものか、もしくは濃い絵柄での陵辱ハードものかの両極端な作品で構成されていたF&Cからその両方を含んだタイトルが出るということで驚きをもって受け止められていたのですが。
 今作が人気を博し後にシリーズ化されることにもなりましたね。

 女子高の臨時教師として赴任することになった主人公。
 そこには元カノの妹、千歳がいて「昔から好きだった」と告白される。
 彼女の気持ちを受け入れ同居生活を送ることになったのだが、二人の関係はどうなっていくのだろうか……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : Natural ~身も心も~

サモンナイト2

サモンナイト2サモンナイト2
(2000/01/06)
PlayStation

商品詳細を見る

不思議な召喚魔法が運命を切り開く!

 シリーズ2作目となる、ファンタジー世界”リィンバウム”を舞台にしたシミュレーションRPG。
 それが開発フライトプラン、販売バンプレストで2000年1月6日にPS版が発売された「サモンナイト2」でありました。

 キャラデザ・原画を人気絵師である飯塚武史さんが担当ということで前作もなかなかの人気を博した、その続編となりまして。
 筆者も先日1作目もクリアして、粗い部分もあるもののまずまず楽しめましたので今作もプレイしてみることにしたのでした。

 前作から一年後の世界。
”蒼の派閥”の見習い召喚師である主人公は何とか召喚師試験に合格したものの、追放同然の指令を受け王都から旅立つことになる。
 兄弟子ネスティと召喚した護衛獣とともに出発するのだが、早速トラブルに巻き込まれてしまうのであった……

続きを読む »

テーマ : サモンナイトシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : サモンナイト2 飯塚武史

スーパーマリオカート

スーパーマリオカートスーパーマリオカート
(1992/08/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

 カートレースゲームで最も名の知れた、代名詞とも呼べるビッグタイトル。
 それが任天堂から1992年8月27日にスーパーファミコン版が発売された「スーパーマリオカート」でありました。

「マリオ」シリーズ」のキャラを使ったカートレースということで発売前から大きな期待を受けていたタイトルだったわけですが。
 それに負けないどころかそれ以上のビッグセールスを記録しました、何といってもスーファミで一番売れたゲームでもありますね、マリオ本編を差し置いて。

 マリオやルイージ、ピーチ姫など8人のドライバーから一人を選び、優勝カップを目指し争うこのゲーム。
 そのGPモードの他にタイムアタックモードと対戦モードが存在し、遊び応えは十二分。
 対戦プレイではライバルにアイテムを投げつけ邪魔することも、さまざまな手段を尽くしゴールを目指すのだ!

続きを読む »

テーマ : スーパーファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : スーパーマリオカート

ブレードメーカー

ブレードメーカーブレードメーカー
(1999/07/01)
PlayStation

商品詳細を見る

 タイトルまんまの武器屋経営SLG。
 それが翔泳社から1999年7月1日にPS版が発売された「ブレードメーカー」でありました。

 個人的な嗜好として「マリーのアトリエ」タイプのゲームが特に好ましい性質であったもので武器屋経営という要素を持つ今作に注目していたのですが。
 さらに翔泳社から発売された作品ではかなり起用されていた明日香景介さん、という原画家のキャラデザもなかなか魅力を感じプレイしてみることにしたのでした。

 武器屋を営んでいた父の死の知らせを聞き、故郷に戻った主人公、アレフ。
 そこには頭脳は冴えているものの足が動かない妹と、多大な借金が残されていた。
 妹のために医学を学んでいたのをあきらめ共に武器屋を立て直し商売繁盛を目指すべく、冒険者たちに満足のいく高いレベルの商品を仕入れるためアレフは駆け回ることになるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ブレードメーカー

モンスターメーカー 七つの秘宝

モンスターメーカーモンスターメーカー
(1991/12/20)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 カードゲームで人気となったタイトルの作品をゲーム化した第2弾となるRPG。
 それがソフエルからファミコン版が1991年12月20日に発売された「モンスターメーカー 七つの秘宝」でありました。 

 元々のカードゲーム自体を愛好していましたし、原画の九月姫さんの可愛らしい絵柄をまた見られるってことで発売前から注目しておりまして。
 ハードもGBからファミコンになりあのキャラ達は今度はカラーでってことで、なかなかに期待して発売日購入したものでした。

 剣と魔法の世界、ウルフレンド。
 邪悪と化してしまったゾール神が人界に散らばる7つの秘宝を奪うべく活動を開始する。
 それを阻むべく産まれてきた光の子を探すべく、新米魔術士ルフィーアが師の命によりベング城に向かうのであった……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : モンスターメーカー 九月姫

遺作

DMMアダルト ダウンロード美少女ゲーム 「遺作」
考えて、解く。

 蛭田昌人が贈る、それまでの作風から大きく逸脱した鬼畜要素満載な謎解きAVG。
 それがエルフから1995年8月25日にPC98版が発売された「遺作」でありました。

 それまでの蛭田昌人さんが手掛けてきた冒険物や探偵物、純愛系な作品のイメージから一転、シルキーズブランドで「河原崎家の一族」を出して以来の鬼畜系AVGとなりまして。
 個人的には「どうかなあ……」と思う部分も大きかったのですが、なんだかんだ言っても蛭田信者の身としてはやってみるしかないかと思い直しプレイしてみることにしたのでした。

 桜蘭学園の生徒・女教師合計9人に手紙が届き、今は使われていない旧校舎に集う。
 だがそこで閉じ込められ、脱出先を見つけるために動き回ることに。
 しかしそこには数々のワナが仕掛けられ、主人公の健太の選択によっては一人、また一人と行方をくらますことになってしまうのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 遺作 蛭田昌人 蛭田

ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン

ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3 ~不思議のダンジョン~ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3 ~不思議のダンジョン~
(2002/10/31)
PlayStation2

商品詳細を見る

 全く新しいゲーム性をコンシューマにもたらすこととなったシリーズの第3弾となるダンジョンRPG。
 それがスクウェアエニックスから2002年10月31日にPS2版が発売された「ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン」でありました。

 前作から3年経過してPS2で出ることになったトルネコシリーズの3作目ということで。
 個人的には前2作を大いに楽しむことが出来ましたので今作も発売日購入してプレイすることにしたのでした。

 前作「2」の冒険から6年余り。
 武器商人として繁盛しまくりなトルネコ一家は久しぶりに休みを取り、船でのバカンスを取ることに。
 だがトラブルにより見知らぬ島にたどり着いてしまい、トルネコはまたもや大騒動に巻き込まれることになってしまうのです……

続きを読む »

テーマ : 不思議のダンジョンシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン

開設二周年!!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来丸二年が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 この一ヶ月はその前の月よりやや多いペースでアクセスしてもらいました、スパロボZのスペシャルディスクのレビューがいくつかのニュースサイトさんに取り上げてもらえたことが大きかった感じです。
 ただ今月はちとマイナーどころのレビューが続いているからか、あまりアクセスが増えない日が多くなっていて後半にどれだけ伸ばせるかが課題であります。

 今月は「モンスターメーカー」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、何といっても当ブログが丸二年となったことに関してです。
 いや、我ながら随分書いてきたと思います、ちょっと前に300本越えましたからね。
 最初の手探りだった頃から現在に至って、こんなにもハイペースになるなんて想定外でしたからね……すぐやめるつもりはなかったですが、もっとまったりとブログ運営していたはずでしたので。
 いつも読んでくださる皆様のお陰でここまで来ることが出来ました、多くのアクセスを頂けた日は2年経過した今でもとても嬉しくなってしまってます。

 また一周年のときにも記しましたが、当ブログ経由でアマゾンに商品を注文して頂いた全ての方々にも感謝であります。
 レビューをUPするためのゲームソフトの購入代金の一部に充てさせて頂いております、本当にありがとうございますの一言です。

 ってことで、これから25ヶ月目、3年目に突入となります当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

ジーザス 恐怖のバイオモンスター

ジーザスジーザス
(1989/03/17)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 ファミコンで発売された、PCからの移植タイトルとなるSF・AVG。
 それがキングレコードから1989年3月17日に発売された「ジーザス 恐怖のバイオモンスター」でありました。

 筆者は「ポートピア連続殺人事件」以降、テキストアドベンチャー系のゲームを好んでプレイしていたので、今作の設定を知り面白そうに感じてこちらにも手を出したのですが。
 元のエニックス製作となるパソコン版の方では音楽をすぎやまこういちさんが担当したということでも有名だったようですね……筆者はプレイ後にそのことを知ってちょっとびっくりしました。

 2061年、ハレー彗星が接近してくる年。
 その調査のための探査船の1号機の交信が途絶え、2号機の乗組員である主人公、速雄が向かうことになる。
 そこではガールフレンドのエリーヌを残し地球外生命体により全滅させられており、彼女を連れて何とか逃げたものの今度は2号機に危機が……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ジーザス すぎやまこういち

モンスターメーカー(PC98)

 カードゲームで人気を博し、コンシューマのみならずPCゲームにも登場することになった一作。
 それが株式会社ウィズから1993年1月14日にPC98版が発売された「モンスターメーカー」でありました。

 先にゲーム化されたゲームボーイ版などの方ではオリジナルのゲームシステムを用いての作品に仕上がっていたのですが。
 今作はカードゲーム版をそのままPCゲーム化ということで、対戦相手をPCが務めてくれるので人を集める必要がなく楽しめると思い購入したのでした。

 ウルフレンドという世界。
 その大陸の南に位置するベング国ではモンスターが数多く生息する洞窟があり周囲に多くの被害が出ていた。
 国王のお触れにより冒険者たちが呼び寄せられ、洞窟の奥にあるとされる宝を持ち帰れば多大な褒章が用意されることになり、その中の一人となって最初に宝を持ち帰ることを目指すことになるのですが……

続きを読む »

タグ : モンスターメーカー 九月姫

ネクタリス

ネクタリス 【PCエンジン】ネクタリス 【PCエンジン】
(1993/07/30)
不明

商品詳細を見る

ハドソンが開発及び販売した、コンシューマゲーム機用ソフトの中ではかなり本格仕様であった戦闘SLG。
 それがPCエンジンで1989年2月9日に発売された「ネクタリス」でありました。

 筆者が当時愛好していたジャンルである戦闘SLGの、PCエンジンタイトルってことで興味が沸いて手を出してみたのですが。
 後述しますが当時としては目新しい要素が満載されており手強さを十分に味あわせてくれたのでした。

 地球から月に人類が進出した近未来。
 2089年にガイチ帝国が月に侵攻・制圧し更に地球へ攻撃を加える切り札”MOA”を発進させようとしていた。
 それを防ぐべく、収容所から脱出を果たした人々が発射基地たる「ネクタリス」に向かうのであった……

続きを読む »

タグ : ネクタリス

モンスターメーカー

モンスターメーカーモンスターメーカー
(1990/12/22)
GAME BOY

商品詳細を見る

 カードゲームでの人気シリーズ「モンスターメーカー」をGBソフト化した、新感覚RPGを謳ったタイトル。
 それがソフエルから1990年12月22日に発売された「モンスターメーカー」でありました。

 筆者は元々九月姫さんの可愛らしいキャラグラフィックがとても好きな人間で、それで遊んでみたカードゲーム版がゲームとしてもとても面白く、家族や友人と随分とプレイしていまして。
 ゲームボーイというハードで「モンスターメーカー」が出ると知り、それはもう買わないわけにはいかない、ってことで発売日購入したことをよく覚えています。

「ワンダーランド」と呼ばれる世界……そこは全てがカードで出来ていた。
 その世界を治めるカード王の城を目指し、数多くの冒険者が旅立っていった。
 そしてまた一人、勇者のカードとなってカード王の下へ向かうべく、旅立とうとしていたのであった……

続きを読む »

タグ : モンスターメーカー 九月姫

人妻女教師・麗香 ~乳辱の雌奴隷~

人妻女教師・麗香 ~乳辱の雌奴隷~人妻女教師・麗香 ~乳辱の雌奴隷~
(2004/12/10)
Windows

商品詳細を見る

 ギルティから発売になった、陵辱・調教要素もアリなAVG。
 それが2004年12月10日にWIN版が発売された「人妻女教師・麗香 ~乳辱の雌奴隷~」でありました。

 個人的にはこのテの、いわゆる陵辱・オカズ系なタイトルは滅多にプレイすることはなかったのですが。
 絵や設定を見て少し興味を惹かれたまたま体験版を触ってみるとなかなかな感触だったので、ではたまにはやってみようかと機会を作ってプレイしてみることにしたのでした。

 主人公の村上敏明は、かつて担任の橘麗香に憧れラブレターを出したところ、クラスでそれを読み上げられた上に破り捨てられるという仕打ちを受け不登校になるまで追い詰められてしまった。
 だがあるとき、麗香の淫らな姿を偶然捕らえ、それをネタに彼女への復讐を果たそうとする。
 仕方なく従いながらも反撃の機会を窺う麗香であったが、行為を重ねる内に彼女の秘められた性癖を暴かれてしまい……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 人妻女教師・麗香

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。