スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業 ~Graduation~

卒業~GRADUATION 【PCエンジン】卒業~GRADUATION 【PCエンジン】
(1990/06/29)
NEC Core

商品詳細を見る

 PC版が人気を博していたことで話題になっていたタイトルをPCエンジンに移植した育成SLG。
 それがNECアベニューから1993年7月30日に発売された「卒業 ~Graduation~」でありました。

 筆者は正直申してパラメータ育成SLGは不得手でして、PC版が発売されたことは存じていたもののそこでは特にソソられなかったのですが。
「同級生」PC98版にて竹井正樹さんが描く美麗なグラフィックの数々に魅了されてしまい、また好きな声優さんである冬馬由美さんがキャラの一人を担当するということで興味が沸きPCエンジン版には手を出してみることにしたのでした。

 清華女子高校に赴任することになった新任教師の主人公。
 いきなり受け持つことになった3年生のクラスには、様々な事情により問題を抱える5人の少女がいた。
 彼女たちを導きながら、無事卒業させることが出来るだろうか……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 卒業 ~Graduation~ 竹井正樹

忍者じゃじゃ丸くん

忍者じゃじゃ丸くん忍者じゃじゃ丸くん
(1985/11/15)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 ジャレコから発売された、忍者が主人公の(ただしコミカルですが)アクションシリーズ第2作。
 それが1985年11月15日にファミコン版が発売された「忍者じゃじゃ丸くん」でありました。

 同じ年の5月10日に発売された「忍者くん」というソフトの主人公の弟がじゃじゃ丸、という設定であったようで、まさしく兄弟作という位置づけになっていたようで。
 また筆者にとっては、数あるファミコンソフトの中でもパッケージ画については今作の印象がとても強くやけに鮮烈に記憶に残っていたりしました。
 
 忍者一族を裏切ったなまず太夫がさくら姫を誘拐した。
 兄である忍者くんが不在であり、弟のじゃじゃ丸が一人で行方を追うことになる。
 敵お化けの妨害を振り切り、じゃじゃ丸は見事にさくら姫を救うことが出来るだろうか……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 忍者じゃじゃ丸くん

ヌークⅡ~レミーの逆襲~

 ボンびいボンボン!による、ドタバタラブコメなテキストAVGのシリーズ第2作。
 それが1993年10月8日にPC98版が発売された「ヌークⅡ~レミーの逆襲~」でありました。

 前作をプレイして、そのノリの良いテキストとなかなかに好みにマッチしたグラフィックに見所を感じておりまして。
 今作が発売になることをPCゲーム雑誌で知り購入することにしたのでした。

 前作の大騒動が終結し、主人公の梅千代はピリルと嬉し恥ずかしな同棲生活をしていた。
 しかしピリルとケンカしてしまい、彼女は危険が伴うやも知れない奇病の調査のため外国に旅立ってしまう。
 一方、前作でその野望を打ち砕かれたはずのギルは脱獄を果たし、レミーたちを使って新たな策謀を巡らすのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ヌークⅡ~レミーの逆襲~

シャイニング・フォースII 古えの封印

シャイニングフォース2 MD 【メガドライブ】シャイニングフォース2 MD 【メガドライブ】
(1993/10/01)
不明

商品詳細を見る

新たなる敵・魔族に光の軍勢(シャイニングフォース)たちが立ち向かう!

 開発をSONIC(現:キャメロット)、販売がセガとなったシミュレーションRPGシリーズ第2弾。
 それがメガドライブで1993年10月1日に発売された「シャイニング・フォースII 古えの封印」でありました。

シャイニング」シリーズとしては3作目であり、本作は前作「シャイニング・フォース」が高い評価を得ての続編ということであったようなのですが。
 キャラクターデザインをそれまで担当していた玉木美孝さんからSUEZENさんに変更、前作までのテキスト担当だった内藤寛さんも今作以降のシリーズには参加してないことが気がかりながらもプレイしたのでした。

 長く平和を保っていたグランシール王国。
 だがかつて邪悪な悪魔を封じたと言われる古えの塔に異変が起こる。
 王国に名の知れた賢者アストラルの弟子であるボウイは、仲間と共にその調査にあたることになるのだが、それが大陸を揺るがす争いのはじまりとなるのであった……

続きを読む »

タグ : シャイニング

探偵神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件

 パソコンからの移植ではないオリジナルで、ハードボイルドな作風をウリにしたテキストAVG。
 それがデータイーストから1987年4月24日にファミコンディスクシステムで発売された「探偵神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件」でありました。

 今なお続いている神宮寺シリーズの第一作でして、寺田克也さんの手による渋いパッケージイラストが実に魅力的であり。
 筆者はテキストAVGをその頃から愛好していたもので、ディスクシステム本体を購入して同時ではなかったですが割とすぐに購入した覚えがあります。

 新宿歌舞伎町の中にある神宮寺三郎が所長を務める探偵事務所。
 そこに彼と懇意にしている熊野刑事が、新宿公園で起きた殺人事件に関する依頼調査のために訪れる。
 それを受けた神宮寺は、助手の御苑洋子と共に行動を開始するのだが……

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 探偵神宮寺三郎

シャイニング・フォース ~神々の遺産~

シャイニングフォース 神々の遺産 MD 【メガドライブ】シャイニングフォース 神々の遺産 MD 【メガドライブ】
(1992/03/20)
不明

商品詳細を見る

 開発をクライマックスが担当しセガが販売の「シャイニング」シリーズ、前作のRPGからシミュレーションRPGにジャンルを変えて発売になった第2作。
 それが1992年3月20日にメガドライブから発売された「シャイニング・フォース ~神々の遺産~」でありました。

 筆者は当時の「ファイアーエムブレム」シリーズの面白さに魅了されていましてこのテのジャンルに飢えていたので、今作に関しても発表されてから注目し続けておりまして。
 前作「シャイニング・ザ・ダクネス」もプレイしていてまずまず遊べたこともあり、こちらも当然のようにプレイすることにしたのでした。

 かつて暗黒竜が猛威を振るい、滅亡の危機を神々の力によって封印したという歴史を持つルーン大陸。
 その西に位置するガーディアナ王国の騎士団に戦士として認められた主人公、マックスは記憶を失って倒れていたところを僧侶によって救われていた過去があった。
 マックスにとある遺跡の調査の指示が下されるのだが、そこから大陸を再び揺るがす大きな争いが起こることになるのであった……

続きを読む »

タグ : シャイニング

熱血高校ドッジボール部

熱血高校ドッジボール部熱血高校ドッジボール部
(1988/07/26)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

「熱血硬派くにおくん」シリーズのキャラクターたちがなぜかスポーツ活動に勤しむことになった、その第一弾となるSPG。
 それがテクノスジャパンから1988年7月26日にファミコン版が発売された「熱血高校ドッジボール部」でありました。

 元々はアーケードで展開していたものをファミコンに移植された、というのが発売の経緯だったようでアーケード版の方は全然知らなかったのですが。
 ファミコン版は評判になっていたことを何かで知って興味を持ち、機会があって触ってみることになったというように記憶しています。

 ルールはもちろん通常のドッジボールのもので簡単ですね。
 コートの中にいる相手選手を外野・内野間で連係しながらボールをぶつけてアウトにし、誰もいない状態にしたらクリアとなります。
 ゲーム独自の要素である必殺シュートを駆使し、最強の敵アメリカチームを倒すべく世界中を駆け回ることになるわけです。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 熱血高校ドッジボール部

開設22ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来22ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 新年最初の月もその前の月とほぼ同じペースでした……後半の伸びがもう一つに終わってしまって。
 しかしつい先日UPした「俺たちに翼はない」のレビューに多くのアクセスを頂きましてまた上向きになってくれるかな、と期待している次第であります。

 今月はメガドライブの「シャイニング」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 また来月早々に当ブログのレビューが300本に到達する予定となっています。
 その記念レビューでは私が愛してやまないタイトルの続編にするつもりです、こちらは色々と問題点があるタイトルだったのですが、気にいった部分のポイントも高く、何だかんだ言っても思い入れが深いPC98ソフトであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタは、一昨日に明らかになってしまった「ドラゴンクエストIX」延期の件でいきます。
 いやあ、延期の常習犯であるドラクエとはいっても、ここまで明らかな発売日発表してからの4ヶ月もの延期は想定外でした……元ゲームショップ店員としては、予約した人への連絡を考えると現役の店員さんの苦労がしのばれます。
 個人的には発売してすぐは考えてなくて年内に購入出来ればそれでいいや、って感じなのですが、クエストクリア方式は好みのゲームシステムなのでシリーズの中では割と楽しみにしている方だったりします。
 
 ってことで、これから23ヶ月目に入る当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

俺たちに翼はない

俺たちに翼はない -Limited Edition-俺たちに翼はない -Limited Edition-
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る

それはきっと何処にでもある、ありふれた物語。

それは舞い散る桜のように」を送り出した王雀孫×西又葵コンビによる、完全新作な恋愛AVG。
 それがNavelから2009年1月30日にWIN版が発売された「俺たちに翼はない」でありました。

 久しぶりの王雀孫さんの完全新作ってことで「それは舞い散る桜のように」のテキストに魅了された身としては、延期の繰り返しで随分と焦らされたものの当然発売日にゲットしまして。
 正直プレリュードディスク商法、しかも高価格というのには眉をひそめる思いがありそちらには付き合いませんでしたが、本編たるこちらには特典の豪華さにも目を奪われまして(こんなに付けて採算取れるのでしょうか)期待度大の状態で始めたのでした。
 
 柳木原市という大都市で繰り広げられる冬の物語。
 3人の主人公による、それぞれの日常と出会いと恋模様が描かれていく。
 そしてそれらを経て最後に待ち構える、真実とは……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 俺たちに翼はない 王雀孫 それは舞い散る桜のように それ散る

瑠璃色の雪

ある日始まる、ちょっと切ない純愛物語

 アイル制作の、学園生活をメインに描いた恋愛AVG。
 それがPC98版が1997年3月7日に発売された「瑠璃色の雪」でありました。
 
 アイルがそれまでの作風とは一変した、ライトな学園物を出すということで割と注目されたタイトルでありまして。
 筆者もメインヒロインである瑠璃をはじめとする登場キャラのビジュアルと設定に興味を惹かれ、発売早々にゲットしてプレイしたのでした。

 科学万能主義の主人公、真鍋博士は両親を亡くし幼馴染み一家が管理するアパートの激安な一室を借りて居住することになった。
 だがその部屋に隠されていたツボを開封してしまい、そこから金髪和服な少女が現れた!
 その少女は瑠璃と名乗り、自らを雪女だと称しており、博士はそれ以外の記憶を失っていた彼女との同居生活をすることになってしまうのだが……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 瑠璃色の雪

シャイニング&ザ・ダクネス

シャイニング&ザ・ダクネス MD 【メガドライブ】シャイニング&ザ・ダクネス MD 【メガドライブ】
(1991/03/29)
不明

商品詳細を見る

 開発クライマックス、販売セガのタッグで作られた3DRPG。
 それがメガドライブで1991年3月29日に発売された「シャイニング&ザ・ダクネス」でありました。

 セガの放つ本格RPGとして発売前はゲーム雑誌を中心に大きく取り扱われていたタイトルでありまして。
 まあ「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」といった人気RPGシリーズを持たないセガ陣営としては何としてもヒットさせたい作品であり、随分力の入った広告活動を展開していましたね。

 ストームサング王国では年に一度の祭りを迎えていた。
 だがその日、王女が神殿に向かう途中に護衛の騎士モトレードとともに行方不明になってしまう。
 モトレードの息子である騎士見習いの主人公が探索のため、幼馴染み二人とともに神殿に行くことになったのだが……

続きを読む »

タグ : シャイニング&ザ・ダクネス

ベストプレープロ野球

ベストプレープロ野球ベストプレープロ野球
(1988/07/15)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 ファミスタ全盛であった当時のファミコンの野球ゲームに新たな一石を投じた、斬新さがウリとなったSPG。
 それがアスキーから1988年7月15日に発売された「ベストプレープロ野球」でありました。

 後に「ダービースタリオン」シリーズで名を馳せることになる薗部博之氏がメインゲームデザイナーとして製作に携わっている一作でありまして。
 ゲーム雑誌「HIPPON SUPER!」で記事で取り上げていまして、その特異なゲーム性に興味を惹かれて触ってみることにしたのでした。

 プレイヤーはプロ野球チームの選手ではなく監督となり、チームを率い勝利に導くべく戦っていくことになります。
 出場する選手達に基本的にはプレーを任せ、ここぞという場面では作戦指示を出したり選手交代したりしていき、そして……
 目指すはもちろんリーグ制覇!

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ベストプレープロ野球 薗部博之

ぱすちゃC++

ぱすちゃ C++ 追加生産版ぱすちゃ C++ 追加生産版
(2006/01/27)
Windows

商品詳細を見る

 アリスソフトが製作したダンジョンRPG「ぱすてるチャイムContinue」のファンディスク。
 それが2005年12月9日にWIN版が発売された「ぱすちゃC++」でありました。

 今作はなんでも最初に数量限定で発売したところあっさり完売、その後ネットオークションなどで高騰してしまいアリスソフトが慌てて追加生産版を発売することになった、という経緯があった作品だそうで。
 筆者はドラマCDは一聴したかったものでそれさえあれば他の特典にはこだわりはなかったので、2006年1月27日発売で若干ですが安価になった追加生産版の方を後にゲットしました。

 アリスソフト初の単独作品でのファンディスク。
 メインコンテンツとなるのは外伝となるミニシナリオ集でありその数、30話以上。
 その他にクイズモードや設定資料紹介などなど、とても単独作品初のファンディスクとは思えないぐらいの手馴れた作りを見せてくれています。

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ぱすちゃC++

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。