スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインズストーリー きみにつたえたくて…

ツインズストーリーツインズストーリー
(1999/06/24)
PlayStation

商品詳細を見る

 PCの一般作品として発売され、それをPSに移植された恋愛SLG。
 それがパンサーソフトウェアから1999年6月24日に発売された「ツインズストーリー きみにつたえたくて…」でありました。

「ときメモ」の影響を受けた恋愛シミュの中の一本であったわけですが(声優にも重なってる方がいますし)。
 主人公の双子の妹のビジュアルと声が実に好みだったので、安価で購入する機会があってプレイしてみることにしたのでした。

 楠原学園の高等部に入学することになった主人公の少年。
 双子の妹の手を焼かせつつ、新たな学園生活の日々を送ることになる。
 妹の友人や幼馴染みらと交友を深めつつ、いつしか恋愛へと発展していくのだろうか……?

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : ツインズストーリー

暁の護衛

暁の護衛 通常版
暁の護衛 通常版
  • 発売元: しゃんぐりら
  • メーカー: しゃんぐりら
  • 価格: ¥ 6,316 (23% OFF)
  • 発売日: 2008/04/04

凛としたその少女は強く美しく、そして守りたい一人の警護対象者(プリンシバル)

 しゃんぐりらから送り出された、お嬢様とボディーガードの恋愛模様を描いたAVG。
 それが2008年3月27日にWIN版が発売された「暁の護衛」でありました。

 発売前及び発売されてからも特段に注目しておらず、というかこのような作品があることも全然認識していなかったのですが。
 体験版をダウンロード出来るサイトを眺めていると今作のがあり、トモセシュンサクさんの原画が好みに合いまして体験版をやってみると主人公と周囲のキャラとの掛け合いが実に楽しく、これは本編をやるしかないと思い立ってプレイしたのでした。

 犯罪・事件が激増し治安に大きな問題を抱えてしまった近未来の日本。
 主人公の朝霧海斗はボディーガード育成のための学校に通っていたものの退学することを決め、暮らしていた寮から何処へかと旅立とうとしていた。
 だが偶然、ガードの対象となる美少女が誘拐されそうとなる場面を目撃し、彼の身体は知らずに動き出すのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 暁の護衛

ファミリースタジアム’88

ファミリースタジアム'88ファミリースタジアム'88
(1988/12/20)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 野球ゲームの金字塔たる大人気シリーズ、その第3作目となるSPG。
 それがナムコから1988年12月20日にファミコン版が発売された「ファミリースタジアム’88」でありました。

 当時にして既にブランドとして確立していた「ファミスタ」のシリーズ最新作ということで、若干定価が高くはなってしまいましたがシリーズ愛好者としてはもちろん飛びつくしかなく。
 内容の方も後述しますが、2作目の87年度版から大きく手が入れられました。

 ゲームのルールはもちろん、現実の野球ルールに即したものになります。
 そしてシリーズ3作目にしてようやく当時存在していた球団である12チームが、合併されることなく単独で操作できるようになりそこにナムコキャラオンリーのオリジナルチームとメジャーリーグ選抜の2つを合わせ14チームで戦っていくわけです。
 ペナントレースで戦うのはもちろん対戦モードも用意されており、一人でも二人でも熱くプレイすることが可能です。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ファミリースタジアム

はぴねす! りらっくす

はぴねす!りらっくす 通常版はぴねす!りらっくす 通常版
(2006/09/15)
Windows

商品詳細を見る

りらっくす、りらっくす。

 ういんどみるOasisの看板タイトルになった、2005年10月に出た「はぴねす!」のファンディスクとして制作されたタイトル。
 それが2006年7月28日にWIN版が発売された「はぴねす! りらっくす」でありました。

 ういんどみるの看板絵師であるこ~ちゃさんが全面タッチしているグラフィックの魅力と、そこから産み出されるヒロインたちの可愛らしさで話題となったのが「はぴねす!」であり、プレイヤーから多くの要望があってこのファンディスクが産み出されたとのことでして。
 各ヒロインにスポットを当てたその後のエピソード数編+登場キャラを使った麻雀ゲーム、というファンディスクによくある作りでしたね。

 日常の中に魔法を使う人々が同居する世界。
 瑞穂坂学園に通う主人公、小日向雄真がクラスメイトや先輩、義妹といったヒロインたちと結ばれた後のエピソードが描かれる。
 そしてサブキャラながら人気絶大だったあのキャラにもついに……!?

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : はぴねす!

ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン

ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョンドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン
(1999/09/15)
PlayStation

商品詳細を見る

 全く新しいゲーム性をコンシューマゲームに示してくれた「トルネコ」シリーズ、その第2弾。
 それが1999年9月15日にPSで開発チュンソフト、販売エニックスにて発売された「ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン」でありました。

不思議のダンジョン」シリーズ第一弾としてスーファミ版が発売されたものの、その後チュンソフトは「風来のシレン」をメインにリリースしており6年ぶりの新作になったタイトルでして。
 筆者は前作にはえらくハマったので今作にも大きく期待していまして、発売日に即購入して取り掛かったのでした。

 前作の冒険で見事、「しあわせの箱」をダンジョンから持ち帰ったトルネコ。
 しかし半年後、トルネコが住む村の周りが次々とダンジョン化してしまい、モンスターも多く登場してしまうことに。
 その調査に向かった国王が行方不明ともなってしまい、その身を案じトルネコは再び冒険の旅へと向かうのであった……

続きを読む »

テーマ : 不思議のダンジョンシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン

プロ野球ファミリースタジアム’87年度版

 前作の大ヒットを受け新年度版として制作された、当時の野球ゲームの代名詞となっていたSPG。
 それがナムコから1987年12月22日にファミコンで発売された「プロ野球ファミリースタジアム’87年度版」でありました。

 野球ゲームの土台を作り上げたといっても過言でもない前作、初代ファミスタが多くのプレイヤーの支持を受け新年度版が待ち望まれていたことは間違いなく。
 筆者も前作の楽しさに魅了された人間ですので、今作ももちろんプレイする気満々で、入手出来たときにはもう喜び勇んで始めたものでした。

 ゲームのルールはもちろん、現実の野球ルールに即したものになります。
 ただ当時の現実とは違って球団数は10、そこにナムコキャラオンリーのオリジナルチームと大リーガー選抜チームの2つを合わせ12チームで戦っていくわけです。
 ペナントレースで戦うのはもちろん対戦モードも用意されており、一人でも二人でも熱くプレイすることが可能です。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : ファミスタ プロ野球ファミリースタジアム

エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~

エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~ PlayStation the Bestエリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~ PlayStation the Best
(1998/12/17)
PlayStation

商品詳細を見る

ガストから発売になったアトリエシリーズ第2弾。
 それがPSで1998年12月17日に発売された「エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~」でありました。

 前作「マリーのアトリエ」がスマッシュヒットを飛ばしたのを受けて制作された続編でありまして。
 ただ残念なことに前作のウリでもあった桜瀬琥姫さんの可愛らしい絵柄による原画が別の方に変更になっていました。

 前作から数年後の世界。
 前作の主人公マルローネ(通称:マリー)に住んでいた村を伝染病から救ってもらった少女、エルフィール(通称:エリーは彼女に憧れザールブルグのアカデミーを受験する。
 何とか補欠入学したが、マリーと同じく学生寮には入れず街中で工房を持ち自ら調合したアイテムで酒場の依頼をこなして生活し、錬金術士としての経験を積むことになるのだが…… 

続きを読む »

テーマ : アトリエシリーズ全般 - ジャンル : ゲーム

タグ : エリーのアトリエ

開設19ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来19ヶ月が経過しました、ありがとうございます!
 この一ヶ月も大変多くのアクセスを頂き、本当に感謝しております。
 
 この一ヶ月間は先月も記しましたが「スーパーロボット大戦Z」のプレイに集中したため、いつもの月よりは少ないレビュー数に終わったのですが。
 ありがたいことに普段の月と変わらないアクセス数でありました、結構減るかもと予想していたのを良い意味で裏切って頂きましてもう、ありがたいとしか申せません。
 今月はまた通常のペースでレビューをUPしていくつもりです、何とか読みに来てくださる方にそれに見合うだけの価値のある内容にしていきたいと思っております。

 今月は「ファミスタ」シリーズを中心にレビューをUPしていく予定です。
 今月中に3本レビューするつもりであります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 今月のコラム的ネタはいよいよ来週から始まる今年の年末商戦に触れようかと。
 しかし夏商戦に引き続き、今年は例年に比べ今ひとつ物足りないラインナップに感じます……来週のぶつ森新作とレイトンぐらいでしょうか、50万本を超えそうなのは。
 この時期に圧倒的に強い任天堂タイトルも今年はぶつ森以外に大きく動きそうなのは見当たらず……まあDSi本体は品薄が続いて他のハードも動くとは思いますが、市場規模としてはそう大きくない商戦になりそうな気がします。
 まあこの予測が大きく外れるぐらい盛り上がってくれればそれで良いのですけどね、どうなりますか。

 ってことで、これから20ヶ月目に入る当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者

ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-
ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-
  • 発売元: スクウェア・エニックス
  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 価格: ¥ 3,982(21% OFF)
  • 発売日: 2008/11/01

傲りし者よ、思い知るがいい――

ヴァルキリープロファイル」と銘打ちながらも主人公は人間という、外伝的な一作。
 それが制作をトライエース、販売がスクウェアエニックスからニンテンドーDSで2008年11月1日に発売された「ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者」でありました。

 今まではPS陣営で発売されていたシリーズが今作で初めて任天堂側から出ることになりまして。
 ゲームジャンルもアクション+RPGだった前2作からシミュレーションRPGに変更されていました。

「ヴァルキリープロファイル」1より十年以上前の時代。
 主人公の青年、ウィルは戦場にて父を亡くし、それにより家族に次々と不幸が降りかかってしまう。
 それを父をエインフェリアに選定した戦乙女ヴァルキリーに怒りを向け、ウィルは復讐のため戦場に向かうのであった……

続きを読む »

テーマ : ヴァルキリープロファイルシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : ヴァルキリープロファイル

リップスティックアドベンチャー

 当時人気のあったCG集シリーズ「LIPSTICK」をアドベンチャーゲーム仕立てにして送り出された一作。
 それがフェアリーテールからPC98版(88版かも)が1988年10月15日に発売された「リップスティックアドベンチャー」でありました。

 前述の通りCG集としてまず世に出たシリーズでありまして、そこに登場する人気キャラ達を使ってAVGに作り上げたという経緯のある作品でして。
 筆者は実ソフトで入手したかったのですが当時はネットオークションなどもなかったのであきらめ、「ソフトベンダーTAKERU」という、現在ではとっくにサービス終了していますが自動販売機で有料ダウンロード出来た版ので購入したのでした。

 主人公である敏腕探偵、浅見五郎はとある資産家より盗まれた家宝の探索を依頼される。
 助手の女子高生である清里音美と共に調査を開始し無事取り戻すが、その裏の事情に不審を覚える。
 そして無関係のはずの音美が攫われてしまい、五郎は彼女を取り戻すため再度、調査を続けるのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : リップスティックアドベンチャー 蛭田昌人 蛭田

BURAI2 闇皇帝の逆襲

ブライ2 闇皇帝の逆襲 【PCエンジン】ブライ2 闇皇帝の逆襲 【PCエンジン】
(1994/03/25)
不明

商品詳細を見る

 前作からしばらく後にまた起こる動乱に立ち向かう八玉の勇士の姿を描くRPG。
 それがリバーヒルソフトから1992年12月18日にPCエンジンスーパーCD-ROM2で発売された「BURAI2 闇皇帝の逆襲」でありました。

 元々はパソコン版が発売され、それがPCエンジンのCD-ROMにアニメ・音声パートの導入などの追加要素を引っさげ移植した作品であり。
 シナリオに飯島健男、キャラデザにアニメ「聖闘士星矢」などを手掛けた荒木伸吾&姫野美智といったスタッフが引き続き制作し、シリーズ完結作として仕上げられたのでした。

 光と闇、それぞれの軍勢による争いを八玉の勇士の活躍によって終結した惑星キプロス。
 だが闇の軍勢を率いるビドーは自らの野望を未だあきらめず、新たな策謀を持って暗躍をはじめていた。
 そして天界では自らの妻と息子が行方不明だったのをキプロスで動きがあったことを知った十六神の一人、邪鬼丸が動こうとしていたのであった……

続きを読む »

タグ : BURAI2

はぴねす!

はぴねす! 通常版はぴねす! 通常版
(2005/11/18)
Windows XP

商品詳細を見る

幸せ(はぴねす)、足りてる?

 ういんどみるの看板絵師であるこ~ちゃさん原画の恋愛AVG。
 それが2005年10月21日にWIN版が発売された「はぴねす!」でありました。

「結い橋」「くれいどるそんぐ」と、こ~ちゃさんがキャラデザ・原画を手掛ける作品で飛躍してきたういんどみるが更にステップアップを果たした話題作であり。
 筆者も上記2作をプレイしてきましたので、今作が発売になってから3年後ではありますが手を出してみることにしたのでした。

 日常の中に魔法を使う人々が同居する世界。
 主人公の学生である小日向雄真はバレンタイン前日、学校で才媛として知られる神坂春姫が魔法を使う場面に出くわす。
 その後、学校の魔法科の校舎が謎の倒壊を起こしたため、魔法科の面々と同じクラスになってしまうのだが……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : はぴねす!

プロ野球ファミリースタジアム

ファミリースタジアムファミリースタジアム
(1986/12/10)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 野球ゲームの歴史を築いた、金字塔とも呼べるSPG。
 それがナムコから1986年12月10日にファミコンで発売された「プロ野球ファミリースタジアム」でありました。

 それまでファミコンで遊べる野球ゲームは任天堂の「ベースボール」しかなく、そちらは友人宅で幾度と遊んだものの、守備の自由が利かなかったり選手データに意味がなかったりで不満に思う部分も多く。
 そこに現れた今作は筆者を含めた当時の野球ファンの心を一気に掴み、パワプロシリーズが登場してくるまでの影響力たるや、とてつもないものがありました。

 ゲームのルールはもちろん、現実の野球ルールに即したものになります。
 ただ現実とは違って球団数は9、そこにナムコキャラオンリーのオリジナルチームの1つを合わせ10チームで戦っていくわけです。
 ペナントレースで戦うのはもちろん対戦モードも用意されており、一人でも二人でも熱くプレイすることが可能です。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : プロ野球ファミリースタジアム ファミスタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。