スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ

機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ PlayStation 2 the Best機動戦士Zガンダム エゥーゴ vs. ティターンズ PlayStation 2 the Best
(2006/03/02)
PlayStation2

商品詳細を見る

君はまだ、刻の涙を見ていない――

 アーケードから移植となった、制作をカプコンが担当しバンダイから発売となったシリーズ第2弾であるアクション。
 それが2003年12月4日にPS2版が発売になった「機動戦士Zガンダム エゥーゴvsティターンズ」でありました。

 アーケード版の内容に原作本編の物語を追体験出来るミッションモード、そしてインターネット対戦モードといった新たな要素を付加しまして登場機体も増加(ディジェなど)しておりまして。
 前作である「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオンDX」の好評を受け今作も60万本以上という好セールスを記録しました。

 アーケードモードや対戦モードでは操作する機体と援護してくれる機体の2機で出撃します(ミッションモードは1機で出撃)。
 戦場を駆け巡りながら敵軍を撃破していきます、今作は可変MSも豊富なので目いっぱい駆け巡ることが出来ます。
 敵に攻撃を当てるなどでたまるゲージがいっぱいになると協力攻撃、「ハイパーコンビネーション」が発動し一発逆転を狙うことも可能です。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : PlayStation2 - ジャンル : ゲーム

タグ : 機動戦士Zガンダム エゥーゴvsティターンズ

バトルロボット烈伝

バトルロボット烈伝バトルロボット烈伝
(1995/09/01)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

 バンプレストから発売された、スパロボと近いながらも新たな試みに挑んだ戦闘SLG。
 それが1995年9月1日にスーパーファミコンで発売された「バトルロボット烈伝」でありました。

 それまでのロボット集合ものではSDサイズで機体表現されていたのを一新し、各機体を原作アニメさながらに描いておりまして。パッケージでもなかなか格好よく描かれており。
 参戦作品として「機動戦士Zガンダム、逆襲のシャア」「聖戦士ダンバイン」「重戦機エルガイム」「戦闘メカ ザブングル」があり隠しとして「無敵鋼人ダイターン3」「無敵超人ザンボット3」も条件次第で戦闘に参加します。
 上記は全て富野由悠季作品でありまして、そのせいか富野監督による特別寄稿もあります。相変わらずの富野節が炸裂してますけども。

 地球に似た惑星ウルスにある特別な技術により、強力なロボット及びパイロットが異世界よりブランチ戦士として転写されてきた。
 全てのこの世界を覆う戦乱に終止符を打つため……迫り来る帝国の脅威を防ぐためノルド王国でも転写されてきたブランチ戦士、だが彼らは動かない。
 主人公アークはアップルと呼ばれる結晶を手にブランチ戦士の下に駆け寄るのであった……

続きを読む »

テーマ : スーパーファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : バトルロボット烈伝

エメラルドドラゴン

 制作をグローディアが担当しバショウハウスが販売という形で送り出された大作RPG。
 それが1989年12月12日にPC98版が発売された「エメラルドドラゴン」でありました。

「コンプティーク」などの当時のPCゲーム雑誌で大きく記事展開していたタイトルでありまして。
 壮大な物語が展開されていること、そして木村明広さんの美麗な原画の数々に心惹かれるものがあり幾年か後にPC本体を購入してからすぐにこのソフトも入手したものでした。
 後に発売されたPCエンジン版も本筋は判っていましたがアニメーション&豪華声優陣に惹かれて購入しましたね。

 龍族に呪いが掛けられ、人間が支配することとなった聖地イシュバーン。
 その地を逃れたドラゴン達が暮らす国に人間の少女が難破船から発見され、タムリンと名づけられ幼い龍である主人公アトルシャンと共に育てられた。
 成長したのちイシュバーンに戻ったタムリンだったが、この地に新たな戦乱が起ころうとしていることを知り、アトルシャンから渡された角笛を吹き彼に救いを求めるのであった……

続きを読む »

テーマ : PCゲー - ジャンル : ゲーム

タグ : エメラルドドラゴン

機動戦士ガンダム クライマックスU.C.

機動戦士ガンダム クライマックスU.C.機動戦士ガンダム クライマックスU.C.
(2006/03/02)
PlayStation2

商品詳細を見る

あの英雄達の戦いが今ここに蘇る!

 初代からF91までの宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズの、クライマックスシーンを中心に構成した3Dアクションシューティング。
 それがバンダイから2006年3月2日にPS2で発売された「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」でありました。

「F91をアクションで操作出来る!?」ってことで発表時には話題になりました、大抵「逆襲のシャア」まででしたからね。
 そして個人的に大きくアピールしてきたのは今作のプロモムービーの出来が実に素晴らしかったことでした…冬馬由美さんのナレーションをバックに各ガンダムのクライマックスシーンが流れ、そこに森口博子さんのかの名曲が被さってくるあのPV……もう一目で心奪われてしまいました。

 3Dアクションによる戦闘モードではガンダムを始めとするモビルスーツ&モビルアーマーを操ることになります。
 攻撃ボタンは3つで、押しっぱなしにすることにより威力をUPさせ攻撃することが出来ます。
 敵の攻撃をかわしたり防いだりしながら撃破していき所定の目標をクリアすればマップ終了、次のマップに進んでいきます。

続きを読む »

テーマ : PlayStation2 - ジャンル : ゲーム

タグ : 機動戦士ガンダム クライマックスU.C.

バレーボール

うけてくれ、このアタック

 ファミコンディスクシステムの普及にも貢献した、現在にも語り継がれるバレーボールゲームの名作。
 それが任天堂から1986年7月21日に発売された「バレーボール」でありました。

 ディスクシステムとしてはマリオの次に売れたタイトルということだそうで……書き換えの数が半端なかったみたいですね。一回500円ならディスクライター設置店さえ近くにあれば気軽に出来るわけで、その点ではあの「ゼルダの伝説」よりも上だったのでしょう、「スーパーマリオブラザーズ2」の次に売れたというのも頷けるところです。
 筆者も書き換え組でしたね、容量的に片面のみでOKだったはずなので、アドベンチャーゲームの何かをクリアした後に入れたように記憶しています。

 今作はもちろん実際のスポーツであるバレーボールをゲーム化したものです。
 男女それぞれのゲームモードに分かれており、ライバルとなる7カ国のチームを個別に倒していくことを目指していきます。
 ちなみに男子の方はボールのスピードが速くなるのでより難しくなっています。

続きを読む »

テーマ : ファミコンディスクシステム - ジャンル : ゲーム

タグ : バレーボール

さおりんといっしょ!!&初音のないしょ!!

さおりんといっしょ!! パッケージリニューアル版さおりんといっしょ!! パッケージリニューアル版
(2000/01/28)
Windows

商品詳細を見る

 リーフの「」「」キャラ達を使ったアミューズメントソフト。
 それが1996年11月22日にWIN版が発売された「さおりんといっしょ!!」でありました。

」のヒロインの一人、新城沙織(の愛称がさおりん)が司会進行を務める形式でして。
 筆者はその後リニューアルパッケージが2000年1月28日に発売された方を購入致しました。

 ファンディスクの中身としては壁紙、「」のおまけミニシナリオと2種類のミニゲーム、で別のCDに2作品分のサントラで構成されておりました。

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : さおりんといっしょ!! 初音のないしょ!!

12RIVEN -the ψcliminal of integral-

12Riven -the ψcliminal of integral-(サウンドトラック同梱版)12Riven -the ψcliminal of integral-(サウンドトラック同梱版)
(2008/03/13)
PlayStation2

商品詳細を見る

君が、解き放たれてしまう前に

 旧KIDが展開していた「infinity」シリーズを受け継いだオリジナルのテキストAVG。
 それがサイバーフロントから2008年3月13日にPS2版が発売された「12RIVEN -the ψcliminal of integral-」でありました。

 KIDが倒産の憂き目に合い制作途中だった本作はペンディングされる可能性もあったわけですが、それをサイバーフロントが引き継ぎまして幾度か延期はしたものの何とか発売に漕ぎ着けたという曰くのあるタイトルでして。
 筆者は「Ever17」に魅了された人間でして、ですがその次の「Remember11」には心底ガッカリさせられた経験がありプレイするかどうか迷ったのですが、今作は前作のディレクターは携わっていないようでしたしまさか続けてあのようなオチは持ってこまい、と信じて購入したのでした。

 時は2012年5月。
 二人の主人公、高校生の錬丸と公安警察官の鳴海の元にメールが届く……錬丸の幼馴染みの少女、ミュウが廃墟となったホテルの屋上で殺されるという内容であったのだ。
 急行する二人を待ち受けるのは一体何であろうか……

続きを読む »

テーマ : 12RIVEN -the Ψcliminal of integral - ジャンル : ゲーム

タグ : 打越鋼太郎 Ever17 12RIVEN

開設11ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来11ヶ月が経過しました。
 次でいよいよ節目の丸一年となります、なかなかに感慨深いものがあります。
 
 今月は先月のテイルズシリーズほど一つのシリーズを追いかけたレビュー特集ではないですが、ガンダム系のロボットアクションものを多めに割り当ててUPしていくことになるでしょうか。
 レビューをUPするペースもほんのちょっと、上げていく所存であります。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 そして今月から、ゲームに関するコラムというかネタも月一の雑記のときに語ろうかと思います。

今、ゲームショップが危ない?」という記事がアップされていました。

 フランチャイズ系の元ゲーム店員としては頷ける部分の多い記事でした……私がいた頃はここまでamazonが大きな勢力になっていなかったのでまだマシではありましたが。
 専門店は中古で利益取るしかないのも確かで、それでもますます厳しくなっていくのも間違いないでしょう、量販店とまともにやり合うのは、いくらアイディア豊富であってもどうにかなるレベルでないように思いますし。

 ただ小奇麗な量販店の売り場より、雑多な感じで掘り出し物も見つかりそうな専門店のが個人的には好きなんですが……これはマニアな意見ってことになっちゃいますか。
 
 ゲームショップの未来は明るいなどとは口が裂けても言えませんが、量販店&通販オンリーになるのも、あまりに特定の企業・団体ばかりの意見が強くなりすぎるという点でゲーム業界全体にとって良いこととは思えないのですけどね。

 ってことで、これから12ヶ月目に入る当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

機動戦士Ζガンダム ホットスクランブル

機動戦士ZガンダムHOT SCRCRAMBLE機動戦士ZガンダムHOT SCRCRAMBLE
(1986/08/28)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 コンシューマではたぶん、初めての「機動戦士Zガンダム」をゲーム化したアクション&シューティング。
 それが1986年8月28日にファミコンで発売された「機動戦士Ζガンダム ホットスクランブル」でありました。

 制作に「ゼビウス」などで知られる遠藤雅伸さんが携わっており、CMにまで出演なさっておりまして。
 筆者はスパロボを中心に数々のガンダム参加タイトルをプレイしてきましたが、今作が確か初めて触ったガンダムゲームであったように記憶しています。

 ゲームはまずコクピット視点のシューティングからスタートし、敵となるティターンズのMS(モビルスーツ)やMA(モビルアーマー)、戦艦などを撃破しながら進めていきます。
 一定のポイントに到達すると要塞内部に潜入し、アクションゲームさながらにZガンダムを操りながら最深部のコア部分を破壊すると一面クリアとなるわけです。
 3Dと2Dの混合シューティング、というゲームスタイルは史上初、かな? 遠藤さんの希望するところではなかったようですけども。

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : 機動戦士Zガンダム ホットスクランブル 遠藤雅伸

さくらの季節

 ティアラから発売になった、一年間の学園生活を描いた恋愛AVG。
 それが1996年4月26日にPC98版が発売された「さくらの季節」でありました。

 このタイトルが発売前後で話題になった理由はただ一つ、キャラデザが明白なパクリであったことでした。
 当時の人気アニメの「新世紀エヴァンゲリオン」「魔法騎士レイアース」などのヒロインたちの見た目及び性格をそのまま持ってきてまして、もちろん多大な非難を受けましたがそれを覚悟の上で発売したのでしょう。

 高校に入学した主人公、修司。
 運動神経抜群ながらも高校生活では騒がれない、静かな日々を過ごそうと決意していたのだが。
 周囲の個性的な面々との騒がしい毎日が、彼の決意を揺るがしていく…… 

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : さくらの季節

ゼノギアス

ゼノギアス PS one Booksゼノギアス PS one Books
(2001/12/20)
PlayStation

商品詳細を見る

GOD ONLY KNOWS

 スクウェアから発売になった、PSでのオリジナルRPGとしては最初のタイトル。
 それが1998年2月11日に発売された「ゼノギアス」でありました。

 発売から10年経過した2008年現在でもゲーム雑誌などではユーザー投票で大きな支持を得ていることを示す数字が出ているほどのタイトルで。
 筆者も以前から気になっていた作品でして機会を得てプレイしてみることにしました。

 北半球に位置する大陸イグニス。
 キスレブとアヴェという二大国が長年に渡って覇権を争いその影響で社会全体は疲弊していた。
 主人公フェイは記憶をなくしたまま発見され3年経った現在は田舎村で穏やかに暮らしていたのだが、その地にも争いの火種が飛び散り、彼の運命を左右することになる……

続きを読む »

テーマ : ゼノギアス - ジャンル : ゲーム

タグ : ゼノギアス

Sultan ~The Lovesong is Forever~

SultanSultan
(2002/07/26)
Windows

商品詳細を見る

 lightから発売になった、「ほのぼの宮廷恋愛アドベンチャー」と銘打ったテキストAVG。
 それが2002年7月26日にWIN版が発売された「Sultan ~The Lovesong is Forever~」でありました。
 
 購入を決意したのはほぼ、絵の魅力に惹かれて、でした……原画のくすくす氏の描くキャラの可愛さがもう。
 雑誌記事なども読んではいたのですが、実際にパッケージを見て手に取ったときに強烈に購買意欲を刺激されてしまったものでした。

 遠い昔、彼方の国の物語――
 両親を亡くし弟と二人で幼馴染みの少女の家で暮らす主人公レクスの元に王宮から宰相が訪れ、自分と弟が一国の王子であることを告げられる。
 戸惑いながらも弟と共に王宮に行くしかなくなったのだが、政略結婚により花嫁まであてがわれ忙しい日々がはじまることになったのであった……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : くすくす Sultan

おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 里奈は見た! いや、見てない。

おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 ~里奈は見た!いや、見てない~ ぐっどぷらいす
おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 ~里奈は見た!いや、見てない~ ぐっどぷらいす
  • 発売元: サクセス
  • メーカー: サクセス
  • 価格: ¥ 2,362 (10% OFF)
  • 発売日: 2008/12/18

名探偵? 小沢里奈、ふたたび!

 DSで随一のシュールさを誇るであろう、不思議な世界観で構成されたテキストAVG。
 それがサクセスから2007年5月24日に発売された「おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 里奈は見た! いや、見てない。」でありました。

 前作が好評だったのかどうかは判りませんが、ほぼ一年後に続編発売という流れで今作が世に出ることになりまして。
 筆者も前作のシュールさは嫌いではなかったもので今作もプレイしてみることにしたのでした。

 前作で見事(?)、新人探偵として認められた主人公、小沢里奈。
 彼女に友人のまなみから毎度お馴染みな不可思議な現象(とまなみは思っている)の調査をすることに。
 もう一人のトラブルメーカーな友人、ちとせを巻き込んで今回は5つの難(?)事件に挑むことになるのだが……

続きを読む »

テーマ : ニンテンドーDS - ジャンル : ゲーム

タグ : おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 里奈は見た! いや、見てない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。