スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO(PC98)

 エルフに移籍した剣乃ゆきひろが作り上げた、壮大なテキストAVG。
 それが1996年12月26日にPC98版が発売された「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」でありました。

 シーズウェアで「DESIRE」「EVE」といった名作を産み出した剣乃ゆきひろさんがエルフに移籍し、製作が発表された作品でして。
 蛭田信者でかつ剣乃作品にも魅了された筆者はワクワクしながら発売を待っていました。

 主人公、有馬たくやは2ヶ月前に父を亡くし、半年前に父が再婚した若き義母の亜由美と二人暮しをしていた。
 だが死んだはずの父から小包と手紙が……父は生きていてとある場所にこい、との呼び出しだったのだ。
 そしてたくやの数奇な運命がここから始まるのであった……

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 剣乃ゆきひろ DESIRE EVE この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO A.D.M.S

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  • 発売元: 任天堂
  • メーカー: 任天堂
  • 価格: ¥ 3,610 (25% OFF)
  • 発売日: 2007/06/23

 ニンテンドーDSの、マリオに次ぐ任天堂の代表シリーズのアクションAVGたる「ゼルダの伝説」、その最新作。
 それが2007年6月23日に発売された「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」でありました。

 このシリーズは個人的にはスーパーファミコン版を1996年にプレイして以来になるので、11年ぶりのプレイでした。
 上記の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」は以前レビューした通り大変面白かったのですが、ニンテンドー64本体を購入したのが随分後でしてその頃にはPSやセガサターンのソフトをプレイするのに忙しくなってしまい、随分と久しぶりなゼルダとなったのでした。

 前作「風のタクト」(ゲームキューブ版)の数ヶ月後。
 海賊の少女頭目のテトラが謎の幽霊船に乗り込むも行方不明に。
 同乗していた緑衣の少年である主人公は彼女を探しに乗り込むことになるのだが、気が付くと見知らぬ島に辿り着いてしまったのだった……

続きを読む »

テーマ : ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 - ジャンル : ゲーム

タグ : ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

スーパーロボット大戦F&完結編

スーパーロボット大戦F PlayStation the Bestスーパーロボット大戦F PlayStation the Best
(1998/12/10)
PlayStation

商品詳細を見る

「第4次スーパーロボット大戦」を大幅リメイクしてセガサターンで販売されたものをPSに移植したタイトル。
 それが1998年12月10日にバンプレストから発売された「スーパーロボット大戦F」でありました。

 前述の通りセガサターンで1997年9月25日に発売になったのですが、何度も延期を繰り返した挙句に分割発売になってしまい。
 更にゲームデータを破壊しかねないバグまであるというとんでもない代物であり、SS版を当初は買う気満々ながらも資金的に見送っていた筆者は、万全を期して1年後に出たPS版の方を選択したのでした。

 地球圏を襲う脅威、インスペクターを退けた独立部隊、ロンド・ベル。
 だが地球人同士の抗争は収まらず、「使徒」と呼ばれるナゾの敵など、新たな脅威にまたもやさらされる。
 果たして彼らはその脅威を打ち破ることが出来るのか……

続きを読む »

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

タグ : スーパーロボット大戦F スーパーロボット大戦F完結編 スパロボ

水夏~SUIKA~&アルキメデスのわすれもの

水夏 ~SUIKA~ DVD 通常版水夏 ~SUIKA~ DVD 通常版
(2001/08/31)
Windows

商品詳細を見る

アルキメデスのわすれものアルキメデスのわすれもの
(2001/12/14)
Windows

商品詳細を見る

探し物……まだ見つからない。

 サーカスの出世作たる恋愛AVG。
 それが2001年7月27日にWIN版が発売された「水夏~SUIKA~」でありました。

 七尾奈留さんが描く美少女キャラたちに注目が集まり、前述の通りサーカスというブランドが大きく飛躍することになりまして。
 筆者は発売してすぐにプレイしたわけではないのですが、次作「D.C.~ダ・カーポ~」の発売時の盛り上がりをみて今作も同時に認識し、まずはこちらをプレイしてみることにしたのでした。

 自然豊かな常盤村。
 そこに住む若者達の恋と、運命の物語。
”冬の淡雪が溶けた世界で、夏の水にも暖かさを感じてください。”

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 水夏 アルキメデスのわすれもの

テイルズオブファンタジア

テイルズオブファンタジア PlayStation the Bestテイルズオブファンタジア PlayStation the Best
(1998/12/23)
PlayStation

商品詳細を見る

悲しみの涙を剣に変えて少年はいま、時間を越える……。

 ナムコを代表するRPG、その記念すべき最初のタイトル。
 それが1998年12月23日にPSで発売された「テイルズオブファンタジア」でありました。

 元々は1995年12月15日にスーパーファミコンで発売になったのが最初なのですが、ビッグタイトルに囲まれてしまい初動売り上げが鈍く、その後口コミで広まったもののトータルではそう大きな売り上げにはならず、このPS版で移植先より倍以上大きな販売本数を記録することになるという珍しい事態にもなったタイトルで。
 ちなみに「スーパーファミコンなのに主題歌を歌ってる~!?」と話題にもなりました。
 ここのスタッフはその後2つに分かれ一方はテイルズシリーズを続け、一方はトライエースという会社を興しエニックスとタッグを組んで「スターオーシャン」や「ヴァルキリープロファイル」を作ってますね。

 主人公クレスの住む村が彼の不在時に何者かに襲われ、家族や村の人々を失ってしまう。
 ともに出掛けていて難を逃れた友人、チェスターとともに真相を究明すべく分かれて調査することになったのだが、その犯人一味に逆に捕らえられてしまう。
 どうやらクレスが父親からもらったペンダントに秘密があるようなのだが……

続きを読む »

テーマ : テイルズ - ジャンル : ゲーム

タグ : テイルズオブファンタジア 藤島康介

開設8ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来8ヶ月が経過しました。
 そして今年のご挨拶としては(レビュー以外では)最後になります。
 4月の開設以来本当に望外なアクセスを頂き、お越し頂いた皆様には感謝するしかございません、ありがとうございました。
 
 今月は27日発売の「スーパーロボット大戦OG外伝」に集中することになるかと思いますので、それまでに何本かレビューをUPしたいと思っております。
 28日からはそれなりに間が空くことになるかと思います、あらかじめご了承下さい。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 これから9ヶ月目に入る当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

レイトン教授と不思議な町


レベルファイブ 2007/02/15
売り上げランキング:66

おすすめ度:

Amazonで詳しく見る 
Ads by Amac

ゲーム史上最高のナゾトキ、ここに誕生。

 レベルファイブが贈るナゾトキパズル+AVG。
 それが2007年2月15日にニンテンドーDSで発売された「レイトン教授と不思議な町」でありました。

「頭の体操」シリーズで著名な多胡輝さん監修のナゾナゾを中心とした問題をストーリーの流れに乗せながら解明し、不思議な町と不可思議な住人たちの謎に迫っていくことになります。
 このようなゲームスタイルで発売したことは大成功であり、60万本を超えるセールスを2007年12月現在で記録しなおも数字を伸ばしております。
 広告展開も派手に行われましたがそれも成功し、レベルファイブを代表するタイトルとなりましたね。

 ナゾ好きで知られる考古学者のレイトン教授と助手のルーク少年。
 二人はとある不思議な町の資産家の未亡人、サロメ夫人からの依頼を受ける。
「黄金の果実」なる不思議なモノの捜索を望まれたのだが、彼らの前には多数のナゾが待ち受けているのであった……

続きを読む »

テーマ : レイトン教授と不思議な町 - ジャンル : ゲーム

タグ : レイトン教授と不思議な町 大泉洋

My eyes!

 バーディソフトが贈る、海洋学者とシャチの交流を描いた非18禁なAVG。
 それが1992年9月1日にPC98版が発売された「My eyes!」でありました。

「CAL」「JOKER」でアダルトシーンも描いてきたバーディソフト2課、「ヴィーナスファクトリー」が今度は全年齢作品に挑戦ということだったようで。
 残念ながら芳しくない売り上げに終わってしまったようですが内容としては小粒ながらもよくまとまっていたという評価を耳にしており、手にする機会を得てプレイしてみたのでした。

 海洋学者の卵である涼子は、シャチの研究をしています。
 そんなある日、彼女が面倒を見ていたシャチのギギが、言葉らしき物を発したのです。
 驚きつつも涼子はギギに学習をさせてみると、なんと意思がほとんど通じるほどになってしまいました。
 そんな不可思議なシャチが狙われないはずもなく、涼子とギギはトラブルのまっただ中にほうり込まれるのでした……

続きを読む »

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

タグ : My eyes! 林家ぱー

ザ・キング・オブ・ファイターズ’95(KOF’95)

ザキングオブファイターズ95ザキングオブファイターズ95
(1996/06/28)
PlayStation

商品詳細を見る

 SNKを代表するシリーズとなったタイトルの95年版であり、初めてPSに移植となった格闘アクション。
 それが1996年6月28日に発売された「ザ・キング・オブ・ファイターズ’95」(KOF’95)でありました。

 元々のアーケード版が95年7月に稼動、それをコンシューマに移植という流れになっていまして。ネオジオCDがSNKの期待に反して普及せず、やむなくライバル機にも、ってことでした。
 実はセガサターン版が先に3月28日に発売されておりそちらの移植に関しては悪くない声を聞いていたので、こちらはどうなのか不安でしたが……

 前回大会から一年後。
 前大会出場者にまたもや「キング・オブ・ファイターズ」の招待状が届く。
 前大会主催者の悪しき野望は打ち砕いたはずであったのだが……主人公の草薙京も前回と同様に出場を決めるが、その彼の前に宿命のライバルが立ちはだかるのだった……

続きを読む »

テーマ : KOFシリーズ - ジャンル : ゲーム

タグ : KOF’95 SNK アテナ

キン肉マン マッスルタッグマッチ

キン肉マン マッスルタッグマッチキン肉マン マッスルタッグマッチ
(1985/11/08)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 ファミコン時代に随分出たキャラクターゲームの中でも屈指の面白さを誇るプロレスゲーム。
 それがバンダイから1985年11月8日に発売された「キン肉マン マッスルタッグマッチ」でありました。

 週刊少年ジャンプに連載されていた人気プロレスマンガのゲーム化となった一作で。
 プロレス好きで原作を愛読していた筆者もすぐ飛びついたものでした。
 売り上げ的にもミリオン超えを果たしたようですね、まあ当時のキャラクターゲームではあり得ることですが。ファミコン自体が大ブームを巻き起こしましたからね。

 戦いは2vs2のタッグマッチ方式で行われます。
 キック、パンチ、ラリアットなどを駆使して相手を追い込み、体力を0に追い込んだ方が勝利、3マッチの内2回勝利すれば次のラウンドで新たな対戦相手が登場となります。
 一定時間が経過するとミート君がパワーボールをリングに投げ入れてくるのでそれをゲットすると各選手固有の必殺技が使えるように、破壊力抜群なので一発逆転も!

続きを読む »

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : キン肉マン

ミスティブルー

夢の続きを君に。

 当時の世相を反映した、トレンディドラマチックな恋愛&サスペンスAVG。
 それがエニックスからPC98版が1990年7月28日に発売された「ミスティブルー」でありました。

 元々はPC88版が1990年4月2日に発売されたものを移植された作品でして。
 キャラデザをアニメ方面で活躍していた恩田尚之さんが担当、音楽も古代裕三さんというビッグネームがということで注目をされておりました。

 アメリカで音楽を学ぶため留学していた主人公、和哉。
 数年ぶりに戻ってきた彼は殺人事件に巻き込まれてしまうことに。
 容疑不十分で釈放された和哉は無実の罪を晴らすべく動くのだが、高校時代の仲間達との再会を果たすも月日の経過を感じることに、そして……

続きを読む »

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。