スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきストリート~私のお店によってって~

いただきストリートいただきストリート
(1991/03/21)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

 第一作目はアスキーから発売になった、今なおシリーズの発売が続いている人気テーブルゲーム。
 それがファミリーコンピュータで1991年3月21日発売の「いただきストリート~私のお店によってって~」でありました。

 シリーズ2作目からはエニックス系で発売になったのですが処女作はアスキーから、という変り種なのですが。
 その理由となっているのが堀井雄二さんの存在であり、彼がゲームデザインに大きく関わっていることが当時、話題になったものでした。
 堀井さん=ドラクエのイメージがもう強烈についていただけに、同じTVゲームとはいえまったく畑違いに思われたボードゲームを出す、という意外性は確かにありましたね。

 ゲームの目的は、「参加メンバーの中で最も資金を稼ぐこと」でして。
 サイコロを振って出た目だけ進み、止まったマスにある店・物件を購入し、他プレイヤーがそのマスに止まったときは買い物料をもらえるようになり。
 近くのエリアを自分の店で占めるとより買い物料を多くもらえ、また銀行に行くことにより株を買うことが出来るようになり、その売買もまた資金稼ぎには重要なファクターになっております。
 目標金額に到達するか、誰か一人破産してしまった時点でゲーム終了、その時点で最も稼いだ人の勝利となるわけです。
 筆者はこの作品をプレイするまで寡聞にして存じなかったのですが、「モノポリー」というボードゲームのアレンジ版的な位置付けにあるのだそうで。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ファミコン - ジャンル : ゲーム

タグ : いただきストリート 堀井雄二 いたスト

きゃんきゃんバニー プルミエール

日本を代表する超ナンパソフト、きゃんバニシリーズ第四弾!

 上記キャッチコピーにてカクテルソフト(現:F&C)が開発・販売した恋愛AVG第四弾。
 それが1992年7月30日に発売された「きゃんきゃんバニー プルミエール」でありました。

 当時のシリーズ展開していた中では前作までよりAVG色が強くなり、遊び応えは十分なものがありました。
 またシリーズの案内役がそれまでのキャラからスワティという女神さまに変更になった記念すべきタイトルでもありますね。
 個人的にもこのシリーズの次回作「きゃんきゃんバニー エクストラ」と共に、愛好する仲間と共に小さいながらもコミュニティを形成し長く活動するきっかけとなってくれたということで、とても思い出深い作品であります。

 それまで特に女性運のない、平凡な青年の部屋にある日、七福神を名乗る妙な存在が現れる。
 その中の一人、弁財天スワティの導きにより女性運が劇的にアップするまじないをかけてもらうことになるのだが……?

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : プルミエール エクストラ スワティ

開設三ヶ月!

 どうも、管理人の飛龍です。
 当ブログは本日で開設以来三ヶ月が経過しました、ありがとうございます。
 毎日多くのアクセスを頂き本当に感謝しております。
 
 この一ヶ月は落ち着いたペースで推移するかと思っていたのですが、WIN版「ドラゴンナイト4」の発売以来、管理人のPC98版のレビューのトコに検索でお越しになる方が急増しまして驚かされました。
 以前のような勢いを失っていたエルフですが、それでも往年の大傑作のリメイクともなれば注目を集めるものなのですね。

 最近はスパロボOGsのプレイに掛かりっきりでこちらのレビューUPは滞っておりますが。
 一通りプレイし終えましたら、以前ほどのペースではないにせよ、また継続的にUPするつもりです。
 もうしばらくお待ちくださいませ。

 当方、ブログランキングにも参加しております。
 記事を読んでもし投票しても良い、と思われましたら、サイドバー最上部の


 を各々、一日一回押して頂けますと私のモチベーションが物凄く上がります、よろしくお願いします。

 これから4ヶ月目に入る当ブログ、これからもよろしくお付き合い下されば幸いです。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

北へ。Diamond Dust + Kiss is Beginning

北へ。 DiamondDust+Kiss is Beginning北へ。 DiamondDust+Kiss is Beginning
(2004/10/28)
PlayStation2

商品詳細を見る

北の大地で綴られる純愛ストーリー、再び……

 プレイステーション2にて開発レッド・エンタテインメント、販売ハドソンの組み合わせで作られた恋愛AVGの第2弾。
 それが2004年10月28日に発売された「北へ。Diamond Dust + Kiss is Beginning」でありました。

 前作「北へ。~DiamondDust~」を受けまして、その後日談を描いたファンディスクのような内容でして。
 前作のプレイが前提、のような作りになっていますね、やってないと何が何だか判らない部分は多いのではないかと思われます。 
広井王子さんが総指揮(監修かな?)、NOCCHI(大槍葦人)さんがキャラデザ&原画のシリーズの伝統は受け継がれております。

北へ。~DiamondDust~」のエンディングから半年後。
 主人公と恋人となったヒロインから暑中見舞いが届く。
 東京での就職活動に煮詰まっていた主人公だが、夏休みを利用しまた北海道へ向かうことに……二人の恋模様はどのように彩られていくのだろうか……

続きを読む »

テーマ : 美少女ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : 北へ。~DiamondDust~ 北へ。Diamond Dust + Kiss is Beginning NOCCHI 広井王子

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編

ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編ファミコンミニ ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女 前後編
(2004/08/10)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

あなたのうしろに 恐怖が立っている……

 ファミコンディスクシステムにて展開されていたアドベンチャーシリーズ、その中でも名作AVGの誉れも高い前後編を移植したタイトル。
 それがゲームボーイアドバンスのファミコンミニシリーズとして任天堂から2004年8月10日に発売された「ファミコン探偵倶楽部パートII 後ろに立つ少女」でありました。
 ちなみにディスクシステム版は1989年5月23日に前編、同6月30日に後編が発売となっています。
 スーパーファミコンのニンテンドーパワーという書き換えサービスでリメイクされたこともありますね。

 このタイトルは後述しますが、筆者にとってとても印象深い作品です……当時のみならず、今現在に至ってもAVGというジャンルの中で5本の指に入るぐらい特大のインパクトがありました。

 前作「消えた後継者」より3年前。
 空木探偵事務所に若くして助手という立場ながらも探偵の仕事をはじめることになった主人公は、ある高校で女生徒の殺人事件の調査をすることになる。
 被害者の親友だった橘あゆみの協力を得ながら調査を進めていく内に更なる謎と、そして事件が起こってしまうのであった……

続きを読む »

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

タグ : ファミコン探偵倶楽部 ファミ探

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。