スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドサッカーウイニングイレブン2008

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
  • 発売元: コナミデジタルエンタテインメント
  • レーベル: コナミデジタルエンタテインメント
  • スタジオ: コナミデジタルエンタテインメント
  • メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 価格: ¥ 935 (89% OFF)
  • 発売日: 2007/11/22
  • 売上ランキング: 3467

ウイイレもPS3へ

 PS3が発売されてから初めてのウイニングイレブン。
 クリスティアーノ・ロナウドがパッケージを飾り、PS2時代よりは勢いが陰ったもののまだまだサッカーゲームの代名詞であったこのシリーズの、ある意味頂点だったかもしれない作品ですね。
 各機種へのマルチ展開もなされていましたが、メイン展開されていたのはこのPS3版だったようです。

プレイ感覚はPS2時代と変わらず

 実は筆者はこの毎年発売されるシリーズを実際にプレイするのはかなり後からになってしまっていて、今作もプレイしたのが2014年とかなり後で、既に時代はPS4を迎えている状態でグラフィックの進化具合などはあまり感じないこととなりました。さすがにPS2よりは綺麗になってましたし、HDMI接続でくっきり画像ではあったので進化があったことは分かりましたが、実際にプレイすると操作に集中することもあって、グラにはあまり意識はいかなかったですね。

 その実際に触った感覚ですが、PS2と大きくは変わっていないプレイ感覚で安心出来ましたか。悪く言えばハードが変わってないのに進歩が感じられない、となるかもですが、個人的には”いつものウイイレ”で十分なので問題ありませんでした。
 まあマラドーナ(もどき)選手やアドリアーノを使ったゴリ押しプレイで満足しているような人間ですので、極めてテクニカルな部分に変更を加えられても判らない、って部分もありますけどね。

 ネットワーク対戦もここから標準的になったようですが、これはやったことがないので何とも。やれば面白いのでしょうが、環境を整えるための出費がネックでした。

ウイイレは続いていく

 ということで、プレイしだすとズルズル続けてしまう、ゲームとしての楽しさは健在で一安心。ウイイレはじめちゃうと他のゲームが進まないぐらい、今作も楽しませてくれました。
 筆者の評価はランクBです。
スポンサーサイト

タグ : ウイイレ

うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~

うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
  • 発売元: アルケミスト
  • メーカー: アルケミスト
  • 価格: ¥ 6,641 (21% OFF)
  • 発売日: 2010/12/16

人か魔女か幻想か――
     抗うも、屈するも貴方次第。”

 PC同人ソフトの有名タイトルをPS3に移植した、一切の選択肢のないノベル。
 それが2010年12月16日にアルケミストから発売された「うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~」でありました。

「ひぐらしのなく頃に」で大ブレイクした竜騎士07さんの手による新たなシリーズということで、大きな話題になっていたことはもちろん知っていまして、でもホラーは個人的には苦手で「ひぐらし」は体験版で断念した身ですが。
 今作の「孤島での連続殺人に挑む」という設定ならまあグロくても許容出来るかと思い、PS3版としてエピソードの1から4をまとめて移植したコイツをやってみることにしたのでした。

 1986年10月4日、伊豆諸島の一つ、六軒島。
 その地を所有する右代宮家の親族たちが年に一度集う親族会議が行われる。
 そこに6年ぶりに訪れた右代宮戦人(うしろみやばとら)は、その地で親族達が次々と殺されていく事件に巻き込まれていくことになるのであった……

続きを読む »

テーマ : うみねこのなく頃に - ジャンル : ゲーム

タグ : うみねこのなく頃に

アナザーセンチュリーズエピソード R

アナザーセンチュリーズエピソード R(初回特典: Zガンダム3号機をゲーム序盤から入手できるプロダクトコード同梱)
アナザーセンチュリーズエピソード R(初回特典: Zガンダム3号機をゲーム序盤から入手できるプロダクトコード同梱)
  • 発売元: バンプレスト
  • メーカー: バンプレスト
  • 価格: ¥ 3,584 (57% OFF)
  • 発売日: 2010/08/19

異界を切り裂け、エースの翼

 PS2で3作展開していたシリーズの最新作となるロボットACT。
 それが開発をフロムソフトウェアが担当しバンプレストから2010年8月19日にPS3版が発売された「Another Century’s Episode:R」(アナザーセンチュリーズエピソード R)でありました。

 PS2の3作目で完結を謳っていたのでPS3で新たにシリーズ展開、ってことにちょっと驚きもあったのですが。
 個人的にはPS3本体購入の大きな原動力ともなりましたので、当然のごとく発売日からプレイすることにしたのでした。

 それぞれの世界で多様な機体でそれぞれの戦いを繰り広げていた戦士たち。
 だが彼らの前にまるでブラックホールのような球体が出現し、それに飲み込まれた彼らは見知らぬ地で目覚める。 
 そこは惑星エリアという、人間の存在が感じられない荒れ果てた世界であった……

続きを読む »

テーマ : アナザーセンチュリーズエピソードR - ジャンル : ゲーム

ストリートファイターIV

ストリートファイターIV(特典なし)ストリートファイターIV(特典なし)
(2009/02/12)
PlayStation 3

商品詳細を見る

俺より強いやつは出てきたか。

 格闘ゲームの代名詞的なシリーズ、そのナンバリングタイトル第4弾。
 それがカプコンから2009年2月12日にPS3版が発売された「ストリートファイターIV」でありました。

 ナンバリングとしては実に久しぶりとなる作品がまずアーケード版が稼働しPS3とXBOX-360に移植されまして。
 個人的にはシリーズ3作目の「III」関連にはどれも触っていないのでそちらを優先しようかと思っていたのですが、後述しますネット対戦を体験してみたくなって勢いでゲットしました。

 前回に引き続き世界格闘技選手権がS.I.Nという巨大企業によって開催されることに。
 だがこの軍事企業には数々の黒い噂があり、壊滅したはずのシャドルーとのつながりも指摘されていた。
 大きな陰謀の影がチラチラしつつ、多くの格闘家たちは再び集うのであった……

続きを読む »

テーマ : ストリートファイター4(家庭用) - ジャンル : ゲーム

タグ : ストリートファイターIV

ファイナルファンタジーXIII

ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
(2009/12/17)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

双体する世界の真実に触れた時、人は定められし宿命と対峙する。

 RPGの二大看板の一つであるFFの、PS3初登場となるナンバリングタイトルなRPG。
 それがスクウェア・エニックスから2009年12月17日に発売された「ファイナルファンタジーXIII」でありました。

 実は2010年4月の段階ではまだまだ購入予定もプレイ予定もなく、本体すら買うつもりはあまりなかったのですが。
 セールで安価にソフトもハードも見掛けてしまい、「じゃあこの機会にやってみるのもいいか……」と突然思い立ってしまって購入、プレイしてみることにしたのでした。

 人類に忌み嫌われる存在である「ファルシ」の呪いを受けた主人公ライトニング。
 彼女とその仲間は、使命を果たさねば人外の存在へと化してしまい、果たしたとしても妹セラのようにクリスタルと化してしまうことになってしまう。
 その運命を変えるべく、追われ続けながらも旅を開始するのだがそこにはとある存在の監視の目が光っていたのであった……

続きを読む »

テーマ : ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル : ゲーム

タグ : ファイナルファンタジーXIII

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。